外国人から高評価!日本の宿2016-2018 総合&6言語別ランキング発表―トラスト・ユー

2018年12月20日 12時05分更新


Pocket

 世界最大のクチコミ・プラットフォームを提供するTrustYou株式会社は、過去2年間のビックデータから分析した、「外国人に選ばれる!クチコミ高評価の日本の宿 2016 – 2018~インバウンド客の心を動かす要素は、心のこもったおもてなしだった!~」総合&6言語別(英語、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語、タイ語)ランキングを発表した。その人気の理由を、TrustYou(トラスト・ユー)が収集する実際のクチコミ評価や内容から探り、専門家による解説とともに紹介。

 TrustYou株式会社は、Booking.com、Expedia、じゃらんnetなど、世界250以上の旅行サイト上の宿泊施設に関するクチコミや評価をリアルタイムで収集、分析、視覚化してホテル事業者に提供、さらにLineTravel.jpやHotels.comなどの旅行・ホテル予約サイトやGoogleにも、世界中の宿泊施設のクチコミの概要を提供している。宿泊施設のクチコミとしては世界最大規模のデータ(約50万軒)を保有し、独自のセマンティック(言語感情)分析とアルゴリズムで算出された総合スコアを元にランキングを作成している。

◆外国人に選ばれる!クチコミ高評価の日本の宿 2016-2018 総合ランキング トップ10
トラストユー

 上位施設は「サービスのフレンドリー度」が評価された宿が並んだ。

 総合ランキング第1位は、「レイクヴィラ河口湖」。言語別ランキングの英語、中国語、タイ語の3部門でもトップ5入りし、様々な国からの旅行者に人気。富士山を一望する河口湖エリアにあり、約800坪の敷地内に2LDKと3LDKの貸し切りコテージ12棟を有している。最寄り駅からは距離があるにも関わらず、「メッセンジャーを通して、チェックアウト後にも次の旅行先の情報まで教えてくれて感動した!」「車で駅まで迎えに来てくれ、バーベキューの買い出しにも連れて行ってくれたから、駅から遠くても何も困ることはなかった」、「オーナーのヒロ、スタッフみんながフレンドリーで親切だった、また絶対に来たい!」など、期待以上のホスピタリティ、心のこもったサービスを絶賛するクチコミが多数見られた。

レイクヴィラ1 レイクヴィラ2

 総合第2位、および言語別ランキングでも英語と中国語でトップ5入りの宿は、「Guesthouse KYOTO COMPASS」。築約100年になる京都の町家を改装したゲストハウスで、ドミトリー2室と個室1室の小規模な宿。元キャビンアテンダントでホテルでの勤務経験もある野上千津子さんとご主人の嘉之さんが夫婦で経営し、宿泊者向け日本文化体験のイベントとして習字教室等も開催している。京都市内の立地ロケーションの評価は高くないながらも、「京都で1番のゲストハウス」、「ママとパパの温かい心遣いが素晴らしい」、「日本の家でリアルに暮らしているみたいな素敵な宿!外国人にオススメ!!」といった心温まるクチコミが多数寄せられている。宿泊者にママ、パパと呼んでもらう親しみやすいサービスや、歴史ある京町家での宿泊・文化体験等が外国人の心をつかみ、様々な国からの旅行者が集まっていることが分かる。
グッドホテル

 総合ランキング第3位には「ホテル龍名館 お茶の水本店」が入った。約120年の歴史を持つ老舗宿が、2014年に和と洋を融合させた和モダンなホテルへ生まれ変わった。旅館時代から受け継ぐおもてなしのサービスや和を貴重とした雰囲気、総客室数9室のプライベート感が特徴。特に英語圏の外国人客が多く、「サービスの質やパーソナルな対応」、「客室の広さ、快適さ」、「洗練された和の雰囲気」に対して高い評価を集めている。
龍名館

【外国人に高く評価される日本の宿の特徴トップ3】

 対象6言語で書かれたクチコミ内容とスコアを分析した結果、外国人に高く評価される日本の宿の特徴として、次の3つの要素があることが分かった。

サービスへの評価:ハード面:大規模で設備等の整ったラグジュアリーな宿、グレードの高いラグジュアリー系ホテルよりも、ソフト面でのサービスが重視されている。多言語対応、サービスのフレンドリー度、ホスピタリティ、スタッフとのコミュニケーションを求めている外国人が多い。
日本的な建築や客室への評価:和風建築や日本らしい雰囲気を感じられる客室や空間など、日本ならではの体験への評価および満足度が高い。歴史ある古民家や京都市内に現存する京町家などを活用したゲストハウスや小規模な和風旅館をはじめ、日本の伝統美と欧米のスタイルがコラボした和モダンなデザイナーズホテル等への関心が高い。
立地は最重要視される要素ではない:ランキング上位の宿の中には、好立地ではない施設も目立つ。例えば、京都市内中心部には数多くの宿があるにも関わらず、主要駅や人気エリアから離れた場所にある宿に外国人が集まっている事例がある。便利なロケーションよりも、「サービス」などの他条件が重視されているともいえる。

◆6言語別外国人が選ぶ!クチコミ高評価の日本の宿
 クチコミを言語別に集計・分析した結果をまとめた「6言語別トップ5」を紹介。英語、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語、タイ語の6言語を対象とし、クチコミスコアや内容、クチコミ数を元に上位各10施設をランキング形式で発表。

言語別1 言語別2

【言語別の特徴が分かる!外国人が評価する宿】
 言語別の特徴を見てみると、日本での平均泊数10泊以上と長い欧米豪の旅行者(英語圏、フランス語圏)は、ランドリー・ルームや簡易キッチン、ゲスト同士やスタッフ、地元の人との交流ができるラウンジや談話室等の共有スペースの充実度を重視する傾向があり、長期滞在が可能で人との交流もできるような宿への需要が高いことが分かる。(実際に、言語別ランキング表の英語編トップ10の中で8軒、フランス語編の中でも8軒の宿に、無料で利用可能な洗濯機やコインランドリー設備が完備されている。)一方、平均泊数3~5日程度のアジアからの旅行者は、初訪問者からリピーターまで多種多様で、初訪問者は旅行会社手配のパッケージツアー等で知名度の高い大規模ホテルに宿泊、リピーターはより日本らしさを求めて小規模なホテルや旅館、地方のエリアを選ぶ傾向があることが、ランキングからも読み取ることができる。また、行き先については定番のゴールデンルートだけでなく、欧米豪からの旅行者は広島、中国からは北海道、韓国からは九州や沖縄、タイからは北陸などの地方を訪れる外国人が増えていることも分かる。

【集計・分析方法】
対象期間:過去2年間のクチコミ(2016年10月〜2018年10月)
対象データ:世界250以上の旅行サイトからTrustYou(トラスト・ユー)が収集したクチコミデータの中から、日本の宿泊施設に対して書かれた外国語6言語(英語、フランス語、ドイツ語、中国語、タイ語、韓国語)のクチコミ評価を抽出して分析。
総合スコア:独自のセマンティック(言語感情)分析とアルゴリズムで算出された数値。
総合ランキング:クチコミ数300以上および対象6言語中3言語以上でクチコミ評価された施設を抽出し、該当言語の総合スコアとクチコミ数の加重平均値を算出。
6言語別ランキング:6言語別にクチコミ数100以上の宿泊施設を抽出。
 
 

 
 
 
 

 

関連カテゴリー