Pontaリサーチ会員3,000人に聞いた、第32回 Ponta消費意識調査―「Pontaリサーチ」調べ

2018年12月21日 10時25分更新


Pocket

 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティングは、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第32回 Ponta消費意識調査 2018年12月」を「Pontaリサーチ」にて実施した。

 Pontaリサーチ会員3,000人にアンケートを実施。第32回 Ponta消費意識調査「節約したい」年平均で、初めての7割平成最後の年末年始!購入・消費したい商品・サービス上位3位を “食” 関連が占める結果となった。

<節約志向>
• 消費者の節約志向(P2)
-「節約したい」派は68.3%となり、前回調査より1.1ポイント増加
 「節約したい」派の年平均が、初めての7割
<ポイントサービスの利用意向>
• ポイントの活用意識と節約志向(P3)
-「節約したい」派では、ポイントを「いまつかいたい」が42.8%と最も高く
 「節約したくない」派では、「分からない・決まっていない」が49.8%と最も高い
 「節約したい」派に高いポイント活用意識が伺える
■TOPICS
<消費者意識>
• 年末年始に購入・消費したい商品・サービス
- 1位「食品(ふだん食べるもの)」で、過去最高の40.9%。続いて、
  2位「食品(お取り寄せなど、特別なもの)」(34.6%)、
  3位「外食(食堂・レストラン、和・洋・中ほか専門店)」(14.9%)と上位を“食”が占める
• 食品(お取り寄せなど、特別なもの)を購入する際に重視すること
- 全体では、「品質の良さ」が82.8%で最多。送料無料(58.6%)、価格の安さ(50.5%)と続く
 性別でみると、男性は「価格の安さ」、女性は「送料無料」を重視する傾向
「ポイントがたまる・つかえること」を年代別でみると、30代(35.1%)、20代(33.9%)が重視
• 食品(お取り寄せなど、特別なもの)を購入する際に、最も重視すること
- 「品質の良さ」が60.8%と最多
  年代別でみると、50代以上が6割を超え、重視する傾向が高い

■今月の家計の支出を節約したい割合
ポンタ1

■あなたはいまPontaポイントをつかいたいですか。(単一回答)
ポンタ2

ポンタ3

■あなたが年末年始に特に購入・消費したい商品・サービスをお答えください。(3つまで)
ポンタ4

「Pontaリサーチ」調べ

<調査概要>
調査方法: インターネット調査
調査期間: 2018年11月26日~ 12月2日
パネル : 「Pontaリサーチ」会員(Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をして頂いている方)
回答者数: 3,000人 男性、女性×年代別(20・30・40・50・60代以上)の各10セルで300サンプル
※調査結果は小数点第2位を四捨五入
 
 
 

 
 

関連カテゴリー