マクドナルドの「バーガー」商品、満足度1位は「チーズバーガー」―日本トレンドリサーチ

2020年7月7日 11時47分更新


Pocket

 分野ごとに大規模なインターネットリサーチを実施し、満足度に関するリサーチ結果をもとに指標を作成している日本トレンドリサーチは、マクドナルドの「バーガー」メニューの商品について満足度調査を行い、その結果を発表した。

 満足度調査をおこなう前に、まずは全国1,279名にマクドナルドの「バーガー」メニューについて、直近2ヶ月以内に食べたことのあるマクドナルドの商品をすべて選んでもらい、「マクドナルドの商品を食べた経験」について聞いた。

満足度ランキングの作成にあたり、151名以上から有効回答を得られた6商品で、各社先着151名の回答を集計した。

151名以上の有効回答を得られたマクドナルドの商品
・チーズバーガー
・ビッグマック
・てりやきマックバーガー
・フィレオフィッシュ
・ハンバーガー
・ダブルチーズバーガー

◆「満足度ランキング」調査概要
調査手法:インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を始め複数の調査サービスを利用して調査を実施
調査対象者:事前調査において提示したマクドナルドの商品について「食べたことがある」と回答した方
※事前調査で条件を満たした方にそのまま続けて本調査を表示し、回答を得た
調査期間:2020年6月23日~6月24日
調査対象/選定条件:本調査において、151名以上から有効回答を得られた6商品

 マクドナルドの商品を食べたことがある151名が、総合満足度を10点満点で評価した平均点は次のようになった。

◇総合満足度1位:チーズバーガー(平均7.980点)
 メニューのひとつ「ハンバーガー」に、スライスしたクリーミーなチーズを挟んだ商品。チーズは、市販されている一般的なものとは異なり、マクドナルドが独自のブレンドで製造している。チェダーチーズをブレンドしていて、ハンバーガーに合うようにとけやすいのが特徴。とろけるチーズと香ばしいビーフパティの相性を楽しめる商品となっている。

◇総合満足度2位:ダブルチーズバーガー(平均7.576点)
 クリーミーなチーズと香ばしいビーフパティを2枚ずつ使っている。通常のチーズバーガーよりボリュームがあり、贅沢な味わいが特徴。

◇総合満足度3位:てりやきマックバーガー(平均7.497点)
 ポークパティを甘じょっぱいてりやき風味のソースで味付けた商品。バンズの中はレタス、マヨネーズ、てりやきソース、ポークパティとシンプルな具材がバランスよく入っている。日本ならではのコクのある味わいが特徴で、老若男女問わず愛されているメニュー。

◇総合満足度4位:ビッグマック(平均7.424点)
 アメリカで1967年に誕生したメニューで、その名の通りビッグで食べ応えのある商品。日本では1971年の1号店からメニューに入っており、当時の価格は200円だった。マクドナルドの商品の中でも特にボリュームのある商品で、特製のソースと100%ビーフのパティが特徴。

◇総合満足度5位:ハンバーガー(平均7.377点)
 マクドナルドのオープン当初から販売されている、まさにマクドナルドの原点であるハンバーガー。当時から100%ビーフのパティを使用したメニューとして登場し、現在も変わらぬおいしさを保っている。お手頃な価格と、香ばしいビーフパティをシンプルに楽しめるのが特徴。

◇総合満足度6位:フィレオフィッシュ(平均7.331点)
 外はカリカリ、中はフワフワの白身魚のフライを挟んだ商品。たっぷりのタルタルソースとスライスチーズがアクセントになっている。さっぱりとした味わいが特徴で、女性人気の高いメニュー。
 
 
 
 

関連カテゴリー