テーマパーク満足度、東は「東京ディズニーシー」西は「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」

2020年7月6日 12時31分更新


Pocket

 第三者の立場で独自に企画し調査を実施する「オリコン顧客満足度」を展開する株式会社oricon MEは、東日本・西日本それぞれの『テーマパーク』についての調査を実施し、その結果を同社サイト内にて発表した。

《東日本ランキング》
●『東京ディズニーシー』は総合1位のほか、全7つの評価項目中6項目と、部門では「男性」「女性」、「30代」から「60代」、「ファミリー」、「リピーター」でも1位を獲得。

 総合1位は、【東京ディズニーシー】となった。総合のほか、全7つの評価項目のうち6項目と、4部門(「男女別」「年代別」「利用者別」「利用回数別」)の「男性」、「女性」、「30代」から「60代」、「ファミリー」、「リピーター」でも1位を獲得している。
 また、総合2位は同社が運営する【東京ディズニーランド】。総合のほかにも、部門では「20代」で1位に。総合3位には【サンリオピューロランド】という結果になった。

●『東京ディズニーシー』『東京ディズニーランド』ともに「スタッフの対応」で80点台の高得点を獲得。

 評価項目別では、【東京ディズニーシー】と【東京ディズニーランド】が「スタッフの対応」で80点台と、評価項目のなかで高い得点となっており、評価されていることがうかがえる。次に得点が高い項目は、ショーやパレード、アトラクション、景観の魅力について評価した「空間演出」となっており、79点台を獲得。

●総合4位の『ふなばしアンデルセン公園』、「チケットの買いやすさ」でトップに。

 総合4位となった【ふなばしアンデルセン公園】は「チケットの買いやすさ」で1位を獲得。購入のしやすさをはじめ、プラン内容、料金に関しての項目で、評価された結果となった。
 実際の利用者のコメントでは、良かった点として「料金が安くて利用しやすい。年齢問わず楽しめる施設(30代・女性)」「子どもたちが自然の中でのびのび遊べることがとてもいい。入場料だけで遊び倒せるところがとてもいい(50代・女性)」など、料金についてのコメントも少なからず挙げられていた。

《西日本ランキング》
●総合1位は『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』。全年代性別問わず満足度が高い傾向に。

 日本ランキング、総合1位となったのは【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】。同テーマパークは、7つの評価項目のうち4項目でも1位に。ほか全4部門(「男女別」「年代別」「利用者別」「利用回数別」)でも1位となり、性別問わず全年代に高い評価を獲得していることがうかがえる。
 総合2位となったのは【ハウステンボス】で、「フード・ドリンクの充実さ」「ショップの充実さ」でも1位となっている。続いて、総合3位は【ハーモニーランド】。「チケットの買いやすさ」でも1位を獲得している。

 総合1位の【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】について、実際の利用者からは「スタッフさんたちがとにかく丁寧だったり、楽しませてくれる。ショー、パレードも素敵だった。景観も楽しめるし、アトラクションもとても楽しめる。グッズ、お土産の種類の豊富さも見る楽しみ、選ぶ楽しみ渡す楽しみがある(20代・女性)」「アトラクションやショーは飽きの来ないように工夫されていて、小さい子から大人まで楽しめる。何より交通アクセスがいい(40代・女性)」などのコメントがあった。

■調査期間:2020年1月6日~1月14日
■サンプル数:5,024人(東日本・西日本の合計)
■ランクイン規定人数:100人以上
■調査対象企業数:<東日本>12社 <西日本>7社
設問は、サービスを構成する全7つの評価項目を設定し、さらに各項目を細分化した25項目について満足度を聴取。
《7つの評価項目》
「チケットの買いやすさ」「スタッフの対応」「パーク内の快適さ」「空間演出」「フード・ドリンクの充実さ」「ショップの充実さ」「利用のしやすさ」
 
 
 
  

関連カテゴリー