クレジットカード利用動向調査 ー テクノロジーパートナー調べ

2022年1月27日 12時18分更新


Pocket

 金融情報メディア「MoneyPartners」を運営するテクノロジーパートナーは、18〜99歳の男女5000名(男性2662名、女性2338名)を対象にクレジットカード関する調査を実施した。
 アンケートを実施した5000名のうち4163名がクレジットカードを持っていると回答。ユーザーの職業別分布は以下の通りとなった。

 クレジットカードを持っている人に「持っているクレジットカード(複数回答可)」を聞くと、下記のような結果となった。

「楽天カード」が最も多く、「JCBカードW」「Yahoo!JAPANカード(現在は「PayPayカード」)」「dカード」と続いている。

 職業別では、以下の結果となった。




 全体的に「楽天カード」を持っている方が多いことがわかる。
 バイト・パートでは「Yahoo!JAPANカード」、学生・会社員では「JCBカード W」を持っている人が多い結果となった。

 更にクレジットカードを持っているユーザー500名を対象に、枚数や利用額、コロナ後の動向について調査。


 クレジットカードは3枚以上持っている人が最も多い結果となった。利用額は月に50001〜100000円利用されている人が最も多い結果に。

 更に、コロナ発生以降クレジットカードの利用がどう変化したか調査。


 若干数だが「コロナ後にクレジットカードの利用が増えた」人が上回った。
 クレジットカードによるネットサービスの利用はコロナ後に増加していることが分かる。
 利用が増えたサービスでは「ネットショッピング」や「宅配サービス」が人気。

 最後に「クレジットカードを選ぶ際に重要視すること」について質問したところ、「ポイントが溜まりやすい」と「年会費が安い」が上位を占めた。

関連カテゴリー