「世界で最もサステナブルな企業100社」発表―コーポレート・ナイツ

2022年1月27日 15時00分更新


Pocket

 カナダのメディア・投資調査会社であるコーポレート・ナイツ社(Corporate Knights)は、「世界で最もサステナブルな企業100社」(The 100 most sustainable corporations of 2022 (Global 100 Index))を発表した。

「Gobal 100」とは、世界のあらゆる業界の大企業(収益が10億米ドルを超える約7,000社)を対象に、環境・社会・ガバナンス(E/S/G)などの観点から持続可能性を評価し、上位100社を選出するもの。 例年、スイスのダボスで開催される世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)の中で発表されている。

今回は、そのなかからTOP20を抜粋し紹介する。

Global 100

上記の日本語約は以下の通り。

2022年の最も持続可能な100の企業
順位会社
1ヴェスタス・ウィンド・システムズデンマーク
2クリスチャン・ハンセンデンマーク
3オートデスクアメリカ合衆国
4シュナイダーエレクトリックSEフランス
5シティ・デベロップメンツシンガポール
6アメリカン・ウォーター・ワークスアメリカ合衆国
7オーステッドデンマーク
8アトランティカサステナブルインフラストラクチャPLCイギリス
9ダッソーシステムズSEフランス
10ブランブルスオーストラリア
11シムズオーストラリア
12ジョンソンコントロールズインターナショナルPLCアイルランド
12 *ケリングSAフランス
13コーニンクレッカKPNオランダ
14マコーミック&カンパニーインクアメリカ合衆国
15シュナイツァー・スチール・インダストリーズアメリカ合衆国
16トランスコンチネンタルカナダ
17スタンテックカナダ
18カスケイドカナダ
19エヴォクア・ウォーター・テクノロジーズアメリカ合衆国
20北京エンタープライズウォーターグループ香港

 1位は、デンマークの風力発電機大手ヴェスタス。デンマーク・オーフスに本拠を置き、世界70か国以上に現地法人を持つ、風力発電機の設計、製造、販売会社である。日本企業については、今年は22位に積水化学工業、32位にエーザイ、53位にコニカミノルタの3社がランクインした。積水化学工業は、今回で5年連続7回目のランクインとなった。

出典:2022年1月19日発表「2021 Global 100 ranking」

関連カテゴリー