プロ野球ファンが求めているのは「アミューズメント感」! スカパー!「プロ野球に関する調査2018」 

2018年3月28日 12時53分更新


Pocket

 スカパー!では、全国のプロ野球ファンが、日本のプロ野球に対し、どのような思いを持っているのか、また、2018年シーズンに対し、どのような期待を持っているのかを把握するため、「プロ野球に関する調査2018」を全国の20歳~79歳のプロ野球ファン2,000名に対し、2018年3月6日~3月8日の3日間で、インターネット調査を実施。その結果を発表した。
 
 
・シーズン中に「テレビのプロ野球中継」を見る プロ野球ファンの7割半
・「プロ野球中継を増やしてほしい」ファンの4割強、「試合終了まで放送してほしい」ファンの約7割

 
 まず、全国の20歳~79歳のプロ野球ファン2,000名(全回答者)に、シーズン中に、≪テレビのプロ野球中継≫をどのくらい見ることがあるか聞いたところ、「よく見る」が31.1%、「ときどき見る」が45.1%で、テレビのプロ野球中継を見るプロ野球ファンは76.2%となった。
 
 また、インターネットのプロ野球速報やオンデマンドプロ野球中継についてもみると、シーズン中に見るというファンの割合は、≪インターネットのプロ野球速報≫は47.5%、≪オンデマンドプロ野球中継≫は14.1%であった。テレビで中継を見ることができないときに、インターネットの速報で試合状況を確認しているファンも少なくないようだ。
 
 次に、プロ野球中継に対する思いを聞いたところ、≪プロ野球中継を、もっと増やしてほしい≫では『そう思う』(「非常に」と「やや」の合計)が42.3%、≪プロ野球中継は、試合終了まで放送してほしい≫では『そう思う』が68.9%となった。プロ野球ファンの4割強がもっとプロ野球中継を増やしてほしいと考えていることがわかった。また、試合終了まで見たい、放送時間を延長してほしい、と思っているファンが多いことも明らかになった。
 
 
・「プロ野球情報をソーシャルメディアで得る」20代ファンでは約半数
・情報源にしているソーシャルメディア 1位「Twitter」、50代は「YouTube」、60代以上は「Facebook」が1位

 
 ソーシャルメディア(FacebookやTwitterなど)でのプロ野球関連の情報(試合結果、球団・選手情報、ファン同士の交流など)について、全回答者(2,000名)に、ソーシャルメディアでプロ野球関連の情報を得ることはあるか聞いたところ、「ある」が29.1%、「ない」が70.9%になった。
 世代別にみると、ソーシャルメディアで情報を得ているのは、若い世代ほど高く、20代では「ある」が48.5%と、約半数になったが、60代(16.5%)、70代(13.9%)のシニア世代もソーシャルメディアから情報を得ている人がいることがわかった。
 また、昨年度の調査結果と比較すると、20代では「ある」が、2017年43.4%→2018年48.5%と5.1ポイント上昇した。
 
 次に、ソーシャルメディアでプロ野球関連の情報を得ることがある583名が、どのソーシャルメディアでプロ野球関連の情報を得ているかをみると、「Twitter」が最も多く46.7%、次いで「YouTube」が39.3%、「LINE」が37.9%であった。プロ野球選手のつぶやきや、アップされる画像・動画を楽しみにしているファンは多いのではないだろうか。
 男女別にみると、女性ファンでは「Instagram」が27.2%となり、男性ファン(16.4%)に比べて10ポイント以上高くなった。プロ野球選手の試合中とは異なる一面を楽しみにしている女性ファンは少なくないようだ。
 また、世代別にみると、20代から40代では「Twitter」が1位だが、50代では「YouTube」、60代と70代では「Facebook」が1位となった。
 
 
・今シーズンの優勝予想 セ・リーグは「広島カープ」、パ・リーグは「福岡ソフトバンク」が最多回答
・日本一になるのはどのチーム? ファンの予想では「福岡ソフトバンク」が2年連続日本一に

 
 プロ野球の開幕を直前に控え、今年の優勝チームを予想してもらった結果、≪セ・リーグ≫について、「広島東洋カープ」が最も多く45.2%、次いで「読売ジャイアンツ」が19.9%、「阪神タイガース」が15.4%となった。過去3年間の調査では、「読売ジャイアンツ」の優勝を予想するプロ野球ファンが最多だったが、今年は「広島東洋カープ」の優勝を予想するファンが最多となった。
 
 次に、≪パ・リーグ≫について、どこのチームがペナントレースで優勝すると思うか聞いたところ、「福岡ソフトバンクホークス」が最も多く59.6%、「北海道日本ハムファイターズ」が16.7%、「東北楽天ゴールデンイーグルス」が11.2%で続いた。
 
 さらに、ペナントレースだけではなく、2018年シーズン、どこのチームが日本一になると思うかも聞いたところ、「福岡ソフトバンクホークス」が41.3%で最も多く、「広島東洋カープ」が13.9%、「読売ジャイアンツ」が10.5%、「北海道日本ハムファイターズ」が9.5%、「阪神タイガース」が7.9%となった。ペナントレース予想と同じく、福岡ソフトバンクホークスの2連覇を待ち望むファンが多いことがわかった。
 
 
・ファン増加に必要だと思うこと 「応援グッズの無料配布」「選手と触れ合えるイベント」「球場をきれいに」
 
 全回答者(2,000名)に、プロ野球やチームが、どのようなことを行えばファンが増えると思うか聞いたところ、「ユニフォームやタオルの無料配布」が31.4%、「選手とハイタッチ・握手ができるイベントの開催」が31.3%、「トイレなど球場の施設をきれいにする」が30.7%となり、上位3項目が僅差で並んだ。
 球場をきれいにすることは、“応援グッズの無料配布”や“選手と触れ合えるイベント”と同じくらいファンの増加にとって大切なことのようだ。また、「球場グルメを充実」が25.8%で5位にランクインした。
 プロ野球ファンは、野球観戦という目的はもちろんだが、ショッピングや食事なども含めて有意義な時間を過ごしたいという「アミューズメントパーク」のような感覚で球場に足を運んでいるようだ。
 
 続いて、全回答者(2,000名)に、プロ野球観戦に行ったことがある球場を聞き、応援チームの本拠地球場に足を運んだことがあるファンの割合を算出したところ、最も高くなったのはDeNAファンで75.3%であった。また、阪神ファン(73.2%)や中日ファン(71.8%)、西武ファン(70.5%)、ソフトバンクファン(70.3%)でも7割以上となった。
 
 
・球場の雰囲気のよさ1位 「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」
・応援の盛り上がり 1位「阪神甲子園球場」
・フードの美味しさ 1位「楽天生命パーク宮城」 ファンサービスのよさ 1位「札幌ドーム」

 
 プロ野球の応援で行ったことがある球場について、印象を聞いたところ、≪球場の雰囲気がよかった≫では「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」が1位、≪応援が盛り上がっていた≫では「阪神甲子園球場」、≪フードが美味しかった≫では「楽天生命パーク宮城」が1位となった。また、≪ビジョンやアナウンスがよかった≫と≪ファンサービスがよかった≫では「札幌ドーム」が1位となり、≪球場の施設(トイレなど)がきれいだった≫では「京セラドーム大阪」が1位となった。
 
 すべてのランキングで上位6位以内に入っていたのは、「札幌ドーム」と「福岡ヤフオク!ドーム」であった。球団とファンが一緒になってチーム・試合を盛り上げているのではないだろうか。
 
 
 

関連カテゴリー