趣味を通じて家族の絆を深める!あさひ、「スポーツサイクルと父親に関する調査」を実施

2016年4月13日 10時44分更新


Pocket

 大型自転車専門店の株式会社あさひは、このたび、自転車を愛するスポーティな父親=“チャリメン”を応援する「あさひチャリメン推進プロジェクト」を開始することを発表した。
  
 あさひチャリメン推進プロジェクトは、「日頃の運動不足を解消したい」「メタボ予防したい」「新しい趣味を始めたいけれど、ついダラダラしてしまう」、そんな世の中のお父さんに、自転車の魅力やメリットを知ってもらうことで、妻や子供を巻き込みながらスポーティに自転車を楽しむ“チャリメン”を普及していくプロジェクト。
  
 あさひは、本プロジェクト開始にあたり、30歳~50歳の既婚男女600名とその子供を対象に『スポーツサイクル(スポーツ自転車)と父親に関する意識調査』を実施し、その結果を発表した。
  
 
■調査結果

① 父親への不満、第一位は「休日にだらだらしている」
 
 夫に対する不満を妻に調査したところ、第一位は「休日に家でだらだらしている(24.0%)」という結果に。また、休日に家でだらだらしている父親に対して思うことを子供に聞いたところ「だらしない(29.5%)」「かっこ悪い(25.3%)」「不健康(22.3%)」と続いた。
 
 ちなみに「休日ぐらい家でゆっくりしたい」と考える父親は54.6%と過半数超。中には「毎日働いているので休日ぐらい好きなようにしていても良いと思う。」「疲れていて大変そう。」と相手を思いやる意見もあったが、父親に対する妻や子供の評価はなかなか厳しい。
夫への不満
休日の過ごし方
ダラダラ夫
 
 
②好感度が高い父親の趣味ランキングを発表。やめてほしい趣味とその理由も発表。

 やりたいと思っているけれど家族に言い出せない趣味がある父親は実に3人に1人。その第一位は「自転車(17.6%)」という結果になった。家族に言い出せない趣味の中には、「アニメの絵を描く事。」「Nゲージ(鉄道模型)」といったユニークな回答もあった。
家族に言えない
家族に言えない2
 
 そこで、妻や家族の好感度が高い趣味は何かを調査した結果、第一位「楽器(30.0%)」、第二位「サッカー(26.0%)」、第三位「自転車(24.3%)」となった。一方、やめてほしい趣味を調査すると、第一位「ギャンブル(75.7%)」、第二位「ゲーム(39.7%)」、第三位「オートバイ(26.7%)」に。3つに共通する理由としては、「お金がかかる」が圧倒的。併せてゲームは「自分には興味がない」、オートバイは「体が心配」といった理由があがった。
好感度が上がる趣味、下がる趣味
 
 
③ 「夫の趣味に使えるお金は月々いくらか」妻の本音が明らかに。
 
 妻に対して「いくらまでであれば夫の趣味に投資できるか」を聞いたところ、「7,000~10,000円(20.7%)」「3,000~5,000円(19.7%)」「3,000円未満(19.3%)」と続いた。ちなみにこの金額は、夫が考える希望金額の第一位が「3,000円未満(27.7%)」であることを考えると、意外と夫が考えるよりも余分に使えるお金はあるのかもしれない。
 併せて、どのような趣味であれば好感度が高く、且つ家族からも理解してもらえるのかを調査すると「健康的(70.7%)」「一緒に楽しめる(53.3%)」「子供も楽しめる(49.3%)」という結果に。
月いくらまで
どういう趣味ならいい
 
 
④ 家族と共通の趣味を持っている父親は33.0%。同じ趣味を共有している父親ほど家族仲が良好で、子供の成績にも影響あり。
 
 妻や子供と共通の趣味を持っている父親は33.0%。併せて家族仲に関して調査すると、家族で同じ趣味を共有している父親ほど、家族仲が良好であることが判明。さらに、子供と“体を動かす”時間を多く共有している父親の方が、「子供の学校の成績は優秀(優秀だった)」「周りの同世代の子どもと比較すると、自分の子どもはしっかりしている方だ」と回答した。
家族仲
sub11
 
 
⑤ 健康的に過ごしたいと思う男性の半数が「自転車を始めたい」と回答。
 
 健康を意識した趣味や習慣は持ちたいが、現状何もしていない男性は51.3%と過半数超。理由としては「ジムは金銭的に余裕がないから。」「ランニングとかは目的が見出せず、つまらないから。」「子育てで自分の時間がない!」等があがった。
 ちなみに既婚女性を対象に、スポーツで自転車に乗っている男性をどう思うかを調査したところ、75.0%が「健康的」と圧倒的、続いて「さやわか(52.3%)」「かっこいい(25.7%)」と好印象の回答が続いた。さらに、「あなたは今後健康のために、スポーツ自転車に挑戦してみたいと思いますか。」という質問に対しては、50.4%の男性が「思う」と回答。多少の初期投資は必要になるものの、健康的で家族で楽しめる自転車は、父親の趣味として最適なのかもしれない。
sub12
sub13
 
 
 詳細は以下URLを参照いただきたい。
「あさひチャリメン推進プロジェクト」特設サイト:http://charimen-cb-asahi.com/
 
 

関連カテゴリー