格安SIMアワード2014、最優秀賞にはケイ・オプティコム「mineo」

2014年8月26日 15時08分更新


Pocket

・格安SIMのベストサービスを選ぶ「格安SIMアワード2014」

・最優秀賞に輝いたのは「通信速度」「オプション」「サポート」の3部門で部門賞を獲得したケイ・オプティコム

 
 
 株式会社イードは、MVNO事業者が提供する格安SIMのベストサービスを選ぶ「格安SIMアワード2014」の調査結果を発表した。当調査は「通信速度」「通信容量」「コストパフォーマンス」「オプションサービス」「利用サポート」の5部門の満足度と総合満足度をランキングした。

 その結果、最優秀賞に輝いたのはケイ・オプティコム。「通信速度」「オプション」「サポート」の3部門で部門賞を獲得した。2位には、IIJとビックカメラがそれぞれランクインした。

■総合部門
最優秀 ケイ・オプティコム「mineo」
2位 インターネットイニシアティブ「IIJmio」「ビックカメラ BIC SIM」
3位 ビッグローブ「BIGLOBE LTE ・3G」

■通信速度の部門
ケイ・オプティコム「mineo」

■通信容量部門
インターネットイニシアティブ「IIJmio」「ビックカメラ BIC SIM」

■コストパフォーマンス部門
ドリーム・トレイン・インターネット「ServersMan SIM LTE」

■オプションサービス部門
ケイ・オプティコム「mineo」

■利用サポート部門
ケイ・オプティコム「mineo」

 NTTドコモの回線の再販が主なMVNO。今後本格的にKDDIも参入することで、より多くの競争がうまれ、よりよいサービスが生まれることに期待したい。

関連カテゴリー