トイレ洗浄剤ランキング、満足度第1位「トイレマジックリン 流すだけで勝手にキレイ」―ウーマンリサーチ

2020年1月30日 10時56分更新


Pocket

 株式会社サンケイリビング新聞社が運営する、Webコンテンツ「ウーマンリサーチ」では、2019年11月に実施した「トイレ洗浄剤についてのアンケート」において調査し、その結果を発表した。

 結果は、利用率第1位「小林製薬 液体ブルーレットおくだけ」、利用満足度第1位「花王 トイレマジックリン 流すだけで勝手にキレイ」、リピート率第1位「ジョンソン スクラビングバブル トイレスタンプ」となった。

 

◆トイレ掃除を頻繁にする人は4割。汚れに関係なく定期的に掃除をする人が多数
リビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所では、全国のWeb会員約428,000人を対象に「トイレ洗浄剤」についての調査を実施。回答者1628人中、トイレ掃除を「頻繁にする」人は39.5%。トイレ掃除のきっかけは「汚れなどに関係なく定期的に掃除している」人が62.9%、「汚れがついたとき」50.4%、「黒ずみが出てきたとき」が27.8%という結果になった(複数回答)。

◆女性が選ぶトイレ洗浄剤、利用率トップは「液体ブルーレットおくだけ」、利用満足度トップは「トイレマジックリン 流すだけで勝手にキレイ」、リピート率トップは「スクラビングバブル トイレスタンプ」
女性が選ぶトイレ洗浄剤、利用率第1位は「小林製薬 液体ブルーレットおくだけ」、第2位は「ジョンソン スクラビングバブル トイレスタンプ」、第3位は「花王 トイレマジックリン 流すだけで勝手にキレイ」という結果に。利用満足度第1位は「花王 トイレマジックリン 流すだけで勝手にキレイ」となった。また、リピート率第1位は「ジョンソンスクラビングバブル トイレスタンプ」となった。

◆購入時に重視するポイントは「使いやすさ」
便器の掃除をする際に「トイレ洗浄剤 置き型またはスタンプ型」を使っている人は46.8%。購入の際に最も重視したポイントは、「使いやすさ」が32.9%と最も多く、次いで「洗浄力」、「価格」という結果に。「香りもいいし、ブラシを使う回数が減って、トイレをキレイに保つのが楽になった」(20代女性)、「使い方が簡単で、汚れが付かないのでストレスがなくなります」(60代女性)、「価格帯も続けやすく、使いやすいので、定期的な掃除のしやすさに繋がっている 」(40代女性)など、手軽に使えて汚れがつきにくくなることで、日々のトイレ掃除が‟ラク“になっているとのこと。

◆トイレ掃除を頻繁にしている人は幸福度が高い?「する人」と「しない人」で幸福度に差も
調査では現在の「幸福度」について0~10の数値で聞いたところ、トイレ掃除を「頻繁にする」と答えた人の幸福度の平均値は7.05。トイレ掃除を「まったくしない」と答えた人の幸福度は5.45と、1.6ポイントの差があるという結果に。 「トイレ掃除をする際には、家族が気持ち良く生活ができるように心がけています」(50代女性)など、快適に過ごしたいという意識が、幸福度の高さにつながっているのかもしれない。

【調査概要】
期間:2019.11.20~11.24/サンケイリビング新聞社公式サイト「リビングWeb」「あんふぁんWeb」「シティリビングWeb」各Web会員へのアンケート
調査対象:女性 1628人
調査対象商品:ジョンソン スクラビングバブル トイレスタンプ・アース製薬 ToWhite 固形クリーナー・小林製薬 ブルーレットスタンピー・小林製薬 ブルーレットデコラル・アース製薬 ToWhite 液体クリーナ―置くタイプ・花王 トイレマジックリン 流すだけで勝手にキレイ・小林製薬 液体ブルーレットおくだけ・小林製薬 トイレ洗浄中さぼったリングおくだけ

【回答者プロフィール】 エリア:全国/年代:20代以下9.7%、30代29.1%、40代31.8%、50代以上29.4%/独身27.9%、既婚72.1%/子どもあり60.6%、なし39.4% データは小数点2位以下四捨五入

関連カテゴリー