入居者による「管理会社満足度ランキング」発表 ー 住まいサーフィン

2021年9月15日 16時13分更新


Pocket

 「住まいサーフィン」は、マンション入居者に対し、管理会社満足度調査を行い発表した。同調査は2009年から実施しており、今回で13年目となる。

【調査結果】
■全体ランキング

 全体ランキングの総合満足度1位は、野村不動産パートナーズ(74.6ポイント)となった。次いで、三井不動産レジデンシャルサービス(74.0ポイント)、東京建物アメニティサポート(70.7ポイント)という結果になった。野村不動産パートナーズは、(2)管理会社に対する評価が非常に高く、すべての項目で1位を取り、総合力においても(5)満足度と(6)推奨度の得点が共に全体1位だった。野村不動産パートナーズは今回の結果により、13年連続の1位となった。三井不動産レジデンシャルサービスは、(1)管理人の対応の早さの項目で非常に高い得点を取り、(5)満足度・(6)推奨度ともに評価が上がり、総合2位に躍進した。東京建物アメニティサポートは、(2)管理会社に対する評価・総合力で評価され、(5)満足度・(6)推奨度ともに高い評価を受け、3位となった。
 また、全体ランキングの(7)昨年度と比較した満足度の変化では、レーベンシリーズで単身からファミリーまで幅広い物件を供給したタカラレーベングループのレーベンコミュニティ(55.7ポイント)が1位となった。

■10万戸未満の管理会社ランキング

 管理戸数10万戸未満の企業のランキング1位は、東京建物アメニティサポートだった。東京建物アメニティサポートは同カテゴリーで4年連続の1位となった。
 また、日鉄興和不動産グループの日鉄コミュニティが(1)管理人に対する個別評価では、全ての項目で前年度よりも高い評価を得たため、2位となった。
 管理戸数10万戸未満の企業のランキングにおいて、(7)昨年度と比較した満足度の変化では、モリモトクオリティ(56.3ポイント)が1位を獲得した。モリモトクオリティは(1)管理人のホスピタリティに対する評価が非常に高く、昨年度よりも高い満足度を得ているという回答が増加した。

■理事経験者のランキング

 理事経験者によるランキング1位は、野村不動産パートナーズとなった。野村不動産パートナーズは全体ランキングと同カテゴリーで1位となり、2年連続の2冠となった。また、野村不動産パートナーズは、理事経験者によるランキングでの(7)昨年度と比較した満足度の変化においても56.3ポイントと非常に高いポイントを得た。

関連カテゴリー