NTTドコモ主催「docomo Open House 2021」開催

2021年2月5日 14時28分更新

Pocket

 2021年2月4日~7日の4日間、「docomo Open House 2021」が開催されてる。毎年展示会場などで実施しているが、今年はオンライン上での開催となっている。5GやAI、IoTなど最新技術を活用した様々な技術・サービス・ソリューションの展示や、同社のNTTドコモの協創パートナーによる講演など多彩なプログラムを3つの形で紹介している。

1.docomo Open HouseTV
 講演やセミナーなどを24時間配信
2.Tech Showcase
 200を超える技術・サービスの展示
3.Virtual Booth
 3D空間ならではの新たな展示会体験

今年は会期中であればWebサイトにて24時間展示を閲覧ができるなど、オンラインならではの取り組みがなされている。

◆1.docomo Open HouseTV
openhousetvch
 ドコモ幹部や著名人による講演などのビデオコンテンツを、7つのチャンネル形式で配信する。これから技術やサービスを知ろうという人へ向けたコンテンツを扱う。

・Keynoteチャンネル
  著名人やドコモ幹部によるスピーチ、基調講演
・Social Agendaチャンネル
  社会課題をテーマとしたドコモのパートナーによる講演
・なにこのTech!? チャンネル
  タレントの厚切りジェイソンによる最新技術や、研究開発者の話
・OpenHouse Entranceチャンネル
  イベントの楽しみ方や操作方法を紹介
・Open Seminar/Open Seminar Globalチャンネル
  出展者による最新の技術やサービスの紹介
・Visionチャンネル
  ドコモのビジョンや取り組み

2.Tech Showcase
TechShowcase
 キーワードやハッシュタグ検索が利用でき、5G・6G/AI/IoT/xR/医療/観光/教育など幅広い技術やサービスが揃う。「オンサイトを超えるオンライン」を目指した展示で、AIチャットボットでの質問対応、デジタル名刺交換等も行える仕組み。デモの閲覧、出展者と文字や映像でのコミュニケーションが行えたり、詳細資料のDLなどが可能だ。

3.Virtual Booth
VirtualBooth
 ドコモオリジナル開発のVitualEventPlatform内で、スマホアプリを使った没入体験をするイベント。アバターを作成して展示ブースを回ったり、他ユーザーとの交流するなど実際に展示会にいるかのような体験が可能だ。今話題のアーティスト「King Gnu」のブースでは、新体感ライブCONNECTを360°映像の臨場感あふれる体験で、直感的に技術理解できる展示となっている。

関連カテゴリー