宿泊旅行調査 2022「都道府県魅力度ランキング編」じゃらん

2022年7月13日 10時00分更新


Pocket

 株式会社リクルートの観光に関する調査・研究、地域振興機関『じゃらんリサーチセンター』は、全国1万4,123人の宿泊旅行者を対象に「じゃらん宿泊旅行調査 2022」を実施した。
この調査は、観光などを目的とした宿泊を伴う国内旅行実態(出張・帰省・修学旅行などを除く)を調べるもので、今年で18回目となる。その中の、都道府県魅力度ランキングの2021年度(2021年4月~2022年3月)について、主な結果は以下の通り。

都道府県魅力度ランキング

【地元ならではのおいしい食べ物が多かったランキング】

北陸3県がベスト3を独占!
福井県が1位を獲得。さらに2位に石川県、3位に富山県がつけ、ベスト3を北陸3県が独占する形となった。
いずれも海鮮グルメが強い。新たにランクインした4位の鹿児島県は「黒豚」、6位の三重県は「伊勢海老」、10位の岐阜県は「飛騨牛」が圧倒的人気。

2021年度順位
順位全体平均62.0
1福井県79.0
2石川県77.1
3富山県74.1
4鹿児島県73.4
5北海道73.3
6三重県72.7
7沖縄県72.4
8高知県72.2
9山形県72.1
10岐阜県72.0

【魅力のある特産品や土産物が多かったランキング】

1位:石川県、2位:沖縄県、3位:山形県
16年間1位だった沖縄県に代わり石川県が1位。和菓子、酒類、郷土料理などの名前が挙がる。

調査開始以来1位を維持していた沖縄県を石川県が追い抜いた。
海産物に加え、「和菓子」や「酒・地酒・日本酒」などが人気。3位の山形県も「酒・地酒・日本酒」が人気だが、「さくらんぼ」などの果物も多く挙がる。
圏外よりランクインした4位の愛媛県は「みかん」「柑橘類」「タルト」など菓子やデザートが人気。6位の鹿児島県は「焼酎」「さつまあげ」「かるかん」、10位に入った熊本県は「馬刺し」「からしれんこん」など郷土料理が人気。

2021年度順位
順位全体平均50.9
1石川県65.0
2沖縄県63.4
3山形県61.9
4愛媛県61.5
5北海道60.9
6鹿児島県60.2
7京都府59.3
8青森県59.3
9長崎県57.9
10高知県57.8
10熊本県57.8

【総合満足度ランキング】

1位:和歌山県、2位:沖縄県、3位:三重県
和歌山県が2020年度8位から7ランクアップで1位。上位10府県は4pt以内の僅差で並ぶ。

僅差で和歌山県が沖縄県を上回り1位に。4pt以内の差でベスト10が並んだ。3位の三重県、6位の青森県、8位の長崎県、9位の静岡県が圏外からランクインした。

【総合満足度ランキング】
2021年度順位
順位全体平均84.6
1和歌山県91.0
2沖縄県90.8
3三重県89.7
4北海道88.3
5京都府88.1
6青森県88.0
7福井県87.8
8長崎県87.5
9静岡県87.2
10大分県87.1

・じゃらん宿泊旅行調査 2022【都道府県魅力度ランキング編

関連カテゴリー