東京ディズニーシーアトラクション人気ランキング

2022年9月5日 10時30分更新


Pocket

 株式会社NEXERが運営するボイスノートマガジンは、東京ディズニーシーのアトラクションに関するアンケートを実施し、結果をサイト内にて公開した。

2001年にオープンした東京ディズニーシーが、今年2022年9月4日に開園21周年を迎えた。

東京ディズニーシーは千葉県浦安市舞浜にあるテーマパーク。1983年4月15日にオープンしたディズニーランドに続き、世界初となる”海”がテーマのディズニーパークとして誕生した。

今回は、東京ディズニーシー開園記念日にちなんで、東京ディズニーシーに関するアンケートを実施。

全国の男女758人へのアンケート結果をもとに、人気のアトラクションをご紹介!

758人に聞いた「東京ディズニーシー」に関するアンケート結果

ボイスノート会員758人を対象に行ったアンケートでは、以下のような結果になった。

続いて、上位3位にランクインしたアトラクションについて、アンケートで寄せられていたコメントとともに紹介。

1位 海底2万マイル 172票

1位に選ばれたのは「海底2万マイル」。
海底2万マイルは、園内のミステリアスアイランドにあるライド型アトラクション。ゲストは小型潜水艇に乗って、海底に沈んだとされるアトランティス大陸を探索する任務に参加する。小型潜水艇にはサーチライトが装備されており、ゲストが自由に操作することが可能だ。1954年に公開されたディズニー映画「海底二万哩(かいていにまんマイル)」がモチーフになったアトラクションで、映画さながらのドキドキ感が味わえる。
アンケートでは、「海が好きなので、未知の世界の海底が、知ることが出来てわくわくするところが好き」「スケールがとても大きく、小さい頃の夢を思い出して楽しくなる」など冒険心くすぐられる世界観が高評価。子どもから大人まで幅広い世代でも楽しめるアトラクションとなっている。

2位 インディ・ジョーンズ・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮 116票

2位は「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮」。
園内のロストリバーデルタにあるインディ・ジョーンズ・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮は、映画「インディ・ジョーンズ」シリーズをモチーフにしたライド型アトラクションだ。ゲストはインディ・ジョーンズ博士の助手であるパコが企画した魔宮ツアーに参加するも、招かれざる客の侵入に魔宮の守護神クリスタルスカルの怒りが爆発。罠や呪いが次々に襲い掛かる中、神殿脱出を試みて猛スピードですり抜ける。
アンケートでは「坑道の中の装飾や音楽がいい感じで、映画に近い雰囲気が楽しめる」「乗り物としての激しさだけでなくどこを見ても作りが凄くて主人公になった気になれる」などの声が寄せられた。
まるで映画の世界に入ったかのような没入感から、昔観たインディ・ジョーンズシリーズを思い出す方もいるようだ。

3位 タワー・オブ・テラー 94票

3位にランクインしたのは「タワー・オブ・テラー」。
タワー・オブ・テラーは、園内のアメリカンウォーターフロントにあるライド型アトラクション。1912年のニューヨークが舞台になっており、1899年に起きたオーナー失踪事件以来、廃墟と化したホテル「タワー・オブ・テラー」の秘密に迫ります。このアトラクションの一番の醍醐味は、呪われたエレベーターによる高さ約59mからの急降下と急上昇。ジェットコースターにはないヒヤヒヤ感が味わえるのもタワー・オブ・テラーならではの魅力だろう。
アンケートでは「上ってゆくときのドキドキ感と、一気に降りてくる恐怖感が楽しい」「普段味わえないような恐怖感をと落ちていく時の爽快感を味わえる」などといった声が多く寄せられていた。
また、エレベーターが上昇した際に、ディズニーシーを一望できる点も人気のようだ。

まとめ

今回は、東京ディズニーシーのアトラクションに関するアンケートを実施した。
2023年度には新テーマポート「ファンタジースプリングス」も誕生する東京ディズニーシー。ファンタジースプリングスでは、ディズニー映画「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」をモチーフにしたアトラクションやレストランに加え、パーク内で宿泊できるディズニーホテルも新設される。
東京ディズニーシー開園以来最高規模のエリア拡張ということもあり、期待はかなり高まっているのではないだろうか。
これからディズニーシーに行こうと考えている方は、ぜひ今回紹介したアトラクションをチェックしてみては。

関連カテゴリー