乳幼児への対応設備充実が重要、プレママ・ママが選ぶ「関東地方のテーマパーク」人気ランキング発表

2016年2月16日 14時26分更新


Pocket

 株式会社デジタルブティックは、妊娠・出産・育児情報サイト「ベビカム」において実施した「関東地方のテーマパーク」についてのアンケートの結果を発表した。

 このアンケートは、ベビカムの会員を対象に「東京ドームシティアトラクションズ(東京都)」、「よみうりランド(東京都東京都)」、「東京ディズニーランド(千葉県)」、「東京ディズニーシー(千葉県)」、「サンリオピューロランド(東京都)」、「西武園遊園地(埼玉県)」、「軽井沢おもちゃ王国(群馬県)」、「那須ハイランドパーク(栃木県)」、「横浜コスモワールド(神奈川県)」、「こどもの国(神奈川県)」、「レゴランド・ディスカバリー・センター東京(東京都)」の11テーマパークの中から、アクセス、子連れでの利用しやすさ、施設の充実度、楽しさ、ユニークさ、コストパフォーマンスという6つの指標それぞれについて5段階で評価。総合ランキングは、各指標を総合して「もっともよい」と答えた方人が多かった順に発表されている。

■ 総合ランキングトップ3

1位:東京ディズニーランド(千葉県)
2位:東京ディズニーシー(千葉県)
3位:サンリオピューロランド(東京都)

 1位はベビカムユーザーの圧倒的支持を受けた「東京ディズニーランド」となった。他では真似できないホスピタリティや世界観を感じることができるのはもちろん、特に評価されているのは、「トイレ・おむつ替えの場所の多さ」や「ベビーセンター」、「ベビーカーの貸し出し」、「レストランなどで哺乳瓶を温めてくれる」など乳幼児向けの設備やサービスが充実していることが高評価のポイントとなったようだ。
 次いで2位は「東京ディズニーシー」。まるで海外にいるような景観や雰囲気と飲酒が可能なシーは、少し大人でTDLとは一味違う雰囲気が好きなプレママ、ママに支持されたようだ。
 そして3位には、東京都の「サンリオピューロランド」がランクインした。サンリオキャラクターとふれあい、写真をたくさん撮れる点や、海外では味わえないジャパニーズランドの雰囲気、屋内のテーマパークなので雨天でも安心して楽しめる点が評価されたようだ。

 また、ベビカム会員からのテーマパークに関する自由回答において、「テーマパークの内容より、授乳スペース、オムツ替えスペース、ベビーカースペースなどが充実して楽に過ごせる場所を選ぶ」、「ショーもトイレが近いところ、席も出やすいところ、食事もあらかじめ予習するなど準備していく」などのコメントがあり、小さい子どもがいる家庭にとって、テーマパーク選びは、子どもに必要な設備やサービスが整っているかどうかが、重要な条件となっているのが伺える。その他にも、「大人が息抜きをするためにテーマパーク内に託児所を設けてほしい」、「地方からのアクセスを便利にしてほしい」など、テーマパークに関する要望のコメントも見られた。

 アンケート結果の詳しい内容は以下のURL参照。
http://www.babycome.ne.jp/research/marketing/

【調査概要】

調査名: 「関東地方のテーマパーク」についてのリサーチ
調査方法: 妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」で調査
応募期間: 2016年1月28日~2月3日
調査対象: 妊活中、妊娠中、育児中の方 540名
  
  

関連カテゴリー