2021年 満足度の高い『食材宅配サービス』『ネットスーパー』ランキング発表ーオリコン

2021年2月2日 12時11分更新


Pocket

 oricon MEは、『ネットスーパー』『食材宅配サービス』についての満足度調査を実施し、その結果を発表した。


■『食材宅配サービス』【生活クラブ】が「首都圏」と「近畿」で総合1位
 「首都圏」は2年連続5度目の総合1位、「近畿」は4度目の総合1位

 『食材宅配サービス』ランキングの「首都圏」と「近畿」は、生活クラブが総合1位となった。「首都圏」は2年連続5度目の総合1位、「近畿」は4度目の総合1位となり、各地域で高い評価を得ている。
 評価項目別ランキングを見てみると、「首都圏」では、全10項目中、「商品の充実さ」「食材の品質」「商品情報のわかりやすさ」「配送サービス」「コストパフォーマンス」の5項目で1位。「近畿」では、同じく全10の評価項目のうち、「食材の品質」「商品情報のわかりやすさ」の2項目で1位となった。


■『食材宅配サービス』「東海」は【らでぃっしゅぼーや】が総合1位
 『食材宅配サービス』ランキングの「東海」は、らでぃっしゅぼーやが総合1位。全10目中、「食材の品質」「商品情報のわかりやすさ」「利用のしやすさ」「配送サービス」「コストパフォーマンス」「情報提供」「サポートサービス」の7項目で1位となった。

■『ネットスーパー』 【セブンミール】が2年連続総合1位
 『ネットスーパー』ランキングは、セブンミールが2年連続総合1位となった。評価項目別ランキングでは、全10項目中、「サイトの使いやすさ」「商品の充実さ」「商品情報のわかりやすさ」「ポイント・割引の充実さ」「配送サービス」「情報提供」「サポートサービス」の7項目で1位になった。

《ネットスーパーの利用動向》
■「ネットスーパー初利用者」の71.9%が“新型コロナウイルスの影響”

 今回の調査では、2020年にネットスーパーを初めて利用した人に、新型コロナウイルスの影響で『ネットスーパー』の利用を始めたかどうかを調査したところ 「新型コロナウイルスの影響である」と回答した人は、全体の71.9%となった。

 新型コロナウイルスの影響もあり、実際の利用者からは、「新型コロナウイルスの感染が怖かったのでネットスーパーを初めて利用しました。登録から配達までとてもスムーズで、届いた野菜や果物もイメージ通りだったので好感を持ちました(30代・女性・イオンネットスーパー)」、「コロナの兼ね合いで外へ買い物できない時期に本当に助かりました。一度体験できたので他の時にも使うと思います(30代・女性・イオンネットスーパー)」、「コロナ自粛の時期に、スーパーへの買い物すら躊躇する時も あったので、生鮮食品を選んで配達してくれるのはとても助かった(40代・男性・楽天西友ネットスーパー)」、「コロナもあり外出や対面を最小限に出来て安心(40代・女性・イトーヨーカドーのネットスーパー)」といったコメントが寄せられた。
 また、新型コロナウイルスの影響でネットスーパーの利用を始めた人に、「仮に、新型コロナウイルスが終息した(落ち着いた)場合も『ネットスーパー』を利用し続けたいと思いますか」と聞いたところ、「とても利用し続けたい」が20.2%、「まあ利用し続けたい」が62.7%と、実に82.9%の人が利用意向を示しました。違いが出たのが年代別のデータで、「とても利用し続けたい」は20・30代が28.6%と最も高く、60代以上は10.7%と低水準。逆に、「あまり利用し続けたくない」は60代以上が21.4%と高く、20・30代は13.5%となった。「まったく利用し続けたくない」もわずかではありますが、年代が高くなるにつれて、数値も高くなっているようだ。

——————————————————-
《調査概要》 2021年 オリコン顧客満足度調査 ネットスーパー
■サンプル数:4,402人  
■規定人数:100人以上  
■調査企業数:15社
■定義:生鮮食品を取り扱うECサイト。ただし、買い物代行サービス、
    様々な店が出店するモール型のサイトは対象外とする
■調査期間:2020/10/23~2020/11/02、2019/10/11~2019/10/23
■調査対象者
性別:指定なし 年齢:20~84歳 地域:全国
条件:以下すべての条件を満たす人
1)過去2年以内に対象のネットスーパーを利用したことがある人
2)生鮮食品を購入したことがある人
ただし、特別な時(パーティーやギフト)のみ、お試しサービスのみ、
買い物代行サービス経由の利用者は対象外とする
——————————————————-
《調査概要》 2021年 オリコン顧客満足度調査 食材宅配サービス 首都圏/東海/近畿
■サンプル数:首都圏4,604人 東海1,400人 近畿3,072人
■規定人数:首都圏/東海/近畿100人以上
■調査企業数:首都圏12社 東海9社 近畿12社
■定義:カタログやインターネットで注文した食材を定期的に自宅に配達する食材宅配サービス
ただし、食材の宅配は取り扱わず、いわゆる半調理品、
完成品だけを取り扱っているサービスは対象外とする
■調査期間:2020/10/07~2020/10/19、2019/10/21~2019/10/31
■調査対象者
性別:指定なし 年齢:20~84歳
地域:首都圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)
東海(岐阜県、静岡県、愛知県、三重県)
近畿(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)
条件:以下すべての条件を満たす人
1)過去2年以内に月1回以上の食材宅配サービス(定期配送サービス)を
2ヶ月以上継続利用したことがある人
2)食材を購入したことがある人
ただし、日用品しか購入したことがない人や、お試しサービスのみの利用者は対象外とする
——————————————————-

関連カテゴリー