マクドナルドが「バーガー総選挙」を開催、1位選出で”公約”実現!

2017年1月6日 16時10分更新


Pocket

 日本マクドナルドは、利用者からの人気投票によってマクドナルドのレギュラーバーガー12種類からマクドナルドの日本一のバーガーを決める「第1回マクドナルド総選挙」を、全国のマクドナルドで開始した。
 
 “あなたの推しバーガーを、日本一に。”というキャッチコピーのもとで行われる総選挙では、立候補する12種類のバーガーが、それぞれの“公約”を宣言。まずは、ビーフバーガーグループの「Aブロック(6種)」、ビーフ以外のグループの「Bブロック(6種)」に分かれて、1回戦(投票期間:1月6日~24日)を行う。
 その後、各ブロックで人気№1になったバーガーによる決勝戦(1月25日~31日)が行われ、決勝戦で1位に選出されたバーガーは、その「公約」を実現し、スペシャルバーガーを2月1日(水)~7日(火)までの1週間限定で販売する。
 
バーガ総選挙公約
  
 投票方法は、立候補バーガーのパッケージに記載されたQRコードから専用サイトにアクセスし、推しバーガーに投票することで100ポイント加算される「食べて投票」、Twitterを通じた投票で1ポイント加算される「ツイートで投票」の2種類。これに期間中の各バーガーの売上ポイントを加え、マクドナルドの日本一のバーガーが決定される。
 また、「食べて投票」を行うと、スマホで使える「推しバーガー壁紙」がもれなくプレゼントされるほか、「マックカード4,000円分」が抽選で800名に当たるキャンペーンも実施される。
 
 選挙期間中は、TV-CMがオンエアされるほか、キャンペーンサイトも立ち上げられ、立候補バーガーの公約やランキング情報、ファンが商品の魅力と公約を伝える「応援ムービー」、総選挙情報を速報形式で伝える「総選挙チャンネル」など、さまざまなコンテンツを展開することで「第1回マクドナルド総選挙」を盛り上げる。
 
 
 

関連カテゴリー