世界の小売業ランキング、Amazon.comが順位を上げ、初のトップ3入り—トーマツ

2020年4月15日 13時28分更新


Pocket

 デロイト トーマツ グループは、今年で調査開始から23回目を迎えるGlobal Powers of Retailingの最新版を日本語訳したレポート「世界の小売業ランキング2020」を発表した。

 全世界の小売企業から2018年度(2019年6月30日までを期末とする事業年度)の売上高上位250社をランキングにまとめ、地域別、セクター別に分析しているほか、世界経済の展望に加え、急成長小売企業50社と上位250社へ新たに加わった企業について解説している。
 今回の調査結果として、上位250社の総小売売上高合計は4兆7,400億米ドル(前年度は4兆5,300億米ドル)、平均小売売上高は190億米ドル(前年度は176億米ドル)、2013~2018年度における小売売上高の年平均成長率は5.0%となった。今年度、トップ5の顔ぶれは昨年と変動しなかったものの、Amazon.comが2018年度の小売企業上位10社の中で最も高い18.2%の小売売上高成長率を記録し初のトップ3入りとなった。なおWalmartが22年以上連続で1位に、Costco Wholesaleが6年連続で2位にそれぞれランクインしている。

■上位10社にランクインした小売企業

 今回、日本企業でトップ250入りした企業数は昨年より2社減の29社となり、最上位は13位にランクインしたイオン株式会社となっている。

■上位250社にランクインした日本小売企業29社

関連カテゴリー