海外ツアー検索人気ランキング発表、サンディエゴが人気急上昇

2019年11月20日 10時00分更新


Pocket

 700以上の旅行サイトが多彩な旅行プランを掲載中の「トラベルコ」を運営する株式会社オープンドアは、同サイトにおける2019年10月の海外ツアー検索人気ランキングTOP20及び人気急上昇の旅行先を発表した。

◆ トラベルコ海外ツアー 検索人気ランキングTOP20

[ 1位] ソウル (韓国)
[ 2位] 台北 (台湾)
[ 3位] グアム (グアム)
[ 4位] ホノルル (ハワイ)
[ 5位] バンコク (タイ)
[ 6位] バリ島 (インドネシア)
[ 7位] セブ (フィリピン)
[ 8位] シンガポール (シンガポール)
[ 9位] 上海 (中国)
[10位] 釜山 (韓国)
[11位] プーケット (タイ)
[12位] パリ (フランス)
[13位] ダナン (ベトナム)
[14位] ニューヨーク (アメリカ)
[15位] 香港 (香港)
[16位] ホーチミン (ベトナム)
[17位] ロンドン (イギリス)
[18位] ロサンゼルス (アメリカ)
[19位] ケアンズ (オーストラリア)
[20位] ドバイ (アラブ首長国連邦)
※2019年10月1日~31日にトラベルコ海外ツアーの行き先として検索された回数を基に集計。

 ソウルは7月以来3か月ぶりの首位復帰。日韓関係の悪化によりLCC(格安航空会社)を中心に航空券が大きく値崩れしていることでツアーの価格も下がり、格安の旅行を探すユーザからの需要が増加したものと思われる。デモの影響が続く香港は前月11位、前年同月5位から大きく順位を下げて15位。2017年11月以来、1年11か月ぶりのドバイのTOP20入りは、9月から10月にかけて掲載したドバイのビーチなどを紹介する特集の影響によるものと考えられる。

 また、2018年10月の海外ツアー検索人気ランキングと比較した人気急上昇の旅行先は下記の通り。前年同月136位から68位へ、なんと一気に68ランクもアップしたサン セバスティアン(ドノスティア)は、人気のアナウンサーと俳優がテレビ番組で訪れたことから検索数が急騰した。

 前年同月147位から94位と、こちらも53ランクの大ジャンプを見せたサンディエゴは、人気のビーチリゾート紹介番組で3週にわたって取り上げられたことで、注目度が急上昇したようだ。

◆ トラベルコ海外ツアー 人気急上昇の旅行先
[ 53位 → 36位] ウラジオストク (ロシア)
[ 56位 → 45位] マニラ (フィリピン)
[ 78位 → 55位] パース (オーストラリア)
[ 68位 → 56位] パタヤ (タイ)
[ 76位 → 59位] ボラカイ島 (フィリピン)
[136位 → 68位] サン セバスティアン (スペイン)
[ 91位 → 76位] バリ島(ウブド) (インドネシア)
[ 94位 → 77位] 西安 (中国)
[ 99位 → 83位] 仁川 (韓国)
[100位 → 87位] ニャチャン (ベトナム)
[103位 → 91位] オークランド (ニュージーランド)
[147位 → 94位] サンディエゴ (アメリカ)
※2018年・2019年10月のトラベルコ海外ツアー検索人気ランキングを比較し、前年より10以上順位が上がり、100位以内にランクインしている都市。

関連カテゴリー