この秋行きたい紅葉温泉ランキング、1位は長野県の白骨の名湯「泡の湯」―『じゃらん』

2019年10月9日 14時15分更新


Pocket

 株式会社リクルートライフスタイルが企画・編集する旅行情報誌『じゃらん』は、「紅葉温泉」についてアンケートを実施した。その結果によると、紅葉と乳白色の湯のコントラストが美しい長野県の白骨の名湯 泡の湯が1位を獲得した。

◆「『じゃらん』この秋行きたい紅葉温泉ランキング」
 紅葉と乳白色の湯のコントラストが美しい長野県の白骨の名湯 泡の湯が1位を獲得。『じゃらん』ユーザーの中でも、秋の旅行先として人気の高い「紅葉狩り」と「温泉」。それを同時に楽しむことができる「紅葉温泉」についてアンケートを実施したところ、色付く木々の美しさがまるで錦絵のようで、自然と一体になれるぜいたく絶景スポットが多数ランクインする結果となった。

Q.今秋行ってみたい紅葉温泉を教えてください
紅葉温泉ランキング
【アンケート調査概要】インターネット調査:『じゃらん』掲載スポットを中心に画像選択方式によるアンケート/ 調査時期:2019年9月17日(火)~2019年9月18日(水)/ 調査対象:47都道府県在住 20代~50代男女/ 有効回答数:1,038名

◆紅葉温泉トップ10:スポット紹介

1位:白骨の名湯 泡の湯【長野県】
紅葉温泉ランキング1
 赤の紅葉と白の湯が鮮やかなコントラストを描く錦絵のような紅葉露天風呂。標高1,500mに構える温泉宿。秋になると炭酸分を多く含む乳白色の湯を囲むように赤、黄、橙の樹木が折り重なり、美しい錦絵のような景観とにごり湯を堪能できる。

2位:湯あそびの宿 下呂観光ホテル本館【岐阜県】
紅葉温泉ランキング2
 視界を占める鮮やかな紅葉。宿泊者だけが楽しめる絶景露天風呂。貸切露天風呂のうち5つが森の中にあり、中でも紅葉を間近に望む「緑風の湯」の眺めが素晴らしいが、朝だけ開放される野天風呂もおすすめ。美しい紅葉を見ながら朝の一番風呂は格別。

3位:万座プリンスホテル【群馬県】
紅葉温泉ランキング3
 視界を遮るものは何もなし! ワイドな眺めで気分爽快。標高約1,800mに位置する雲上の露天風呂「こまくさの湯」。日本屈指の硫黄含有量を誇り、温泉好きにも広く愛されている。黄葉の山並みを望む開放感があり、全身で自然の恵みを体感できる。

4位:かがり吉祥亭【石川県】
 水鏡のような渓谷露天風呂。鶴仙渓を間近に望む絶景露天風呂が自慢の宿。女湯は珍しい立ち湯露天風呂、男湯は開放感ある露天風呂で、秋の渓谷美とともに俳聖・芭蕉が愛した開湯1,300年の歴史ある温泉で至福の時間を。

5位:山中湖温泉 紅富士の湯【山梨県】
 大自然に包まれる。富士山×紅葉の極上コラボレーション。真冬の紅富士の眺望が自慢の日帰り温泉は秋の紅葉シーズンも格別。霊峰富士をバックに木立が彩りを添え、美しい風景を見せる。この時期、夜間はライトアップ演出もあり、日没後も異なる風情を楽しめる。

6位:湯元 宝の家【奈良県】
 世界遺産の紅葉を堪能できる贅沢な時間。世界遺産である吉野山の中千本公園内にある宿。古くから桜の名所として名高い山が、秋は真っ赤に染まる。山の中の温泉に浸かり、深まる秋を五感で感じれば、日々の疲れも癒やされそう。

7位:もみじの湯【栃木県】
 湯船のまわりは深紅一色心奪われる圧倒的な美しさ。塩原温泉にある共同浴場。湯船を木々が取り囲み、はらはらと落葉する様も風情のある、名前通りの「もみじ風呂」。人の少ない早朝がオススメ。

8位:匠の宿 深山桜庵【岐阜県】
 北アルプスを望みながら秋の奥飛騨で湯浴み。奥飛騨温泉郷・平湯温泉に佇む湯宿。宿自慢の大浴場露天風呂では源泉100%かけ流しの湯に浸かりながら、北アルプスの雄大な山並みが望める。客室や客室の風呂からも、紅葉を愛でながらぜいたくな時間が過ごせる。

9位:のとろ温泉 天空の湯【岡山県】
 中国山地の山深く…大自然が魅せる秋景色。標高約700mの場所にある露天風呂から、パノラマ紅葉を一望できる。源泉から届く湯(加温あり、放流式)に浸かれば、肌に優しい湯と澄んだ空気が日常を忘れさせてくれそう。

10位:森林の温泉(もりのいでゆ)【茨城県】
 あたり一面を紅葉に包まれる、大子の森の露天風呂。広々とした露天風呂からは、紅葉に染まった八溝山系を見渡すことができ開放感は満点。さらに、毎週土曜は女湯限定で生花を浮かべた「バラ風呂」を実施するなど、セレブな気分も味わえる。

 間近に迫るモミジの群生を湯船で独り占めできるなど、今しか見られない絶景を露天風呂でじっくりと楽しむことができるのも、温泉宿やスポットを訪れる醍醐味。極上コラボに出会う秋のおでかけ計画の参考に活用してはどうだろうか。
 
 
 
 

関連カテゴリー