Booking.com「ゲスト・レビュー・アワード2018」、日本の野沢温泉が受賞施設の多い旅行先にランクイン!

2019年1月9日 12時07分更新


Pocket

 宿泊予約サイトBooking.comの日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパンは、ゲストに対して日々最高のおもてなしを提供している宿泊施設へ贈られる「ゲスト・レビュー・アワード 2018」を発表した。
 
 8回目となる同アワードの受賞施設は、219の国と地域にある759,845施設の中から選出され、最低5件以上のクチコミと、それらに基づく平均クチコミスコアで8.0以上獲得した施設に贈られる。
 2018年度の受賞施設数を国別に見ると、最多は106,513軒のイタリアで、続いてスペイン(46,646軒)、フランス(45,286軒)とヨーロッパの国々が上位を占めている。
 日本は、2017年に受賞した6,287軒よりも2,000軒以上多い8,456軒の施設が受賞し、昨年より1つ順位を上げて21位という結果となった。
 
d15916-158-125840-2
 
 受賞施設数が多い地域を調査した結果では、トータルの宿泊施設数に対して受賞施設数が多く、受賞率が最も高かった国はオーストリアで、次いでチェコ共和国、ポーランドとなった。
 また、地域別ではギョレメ(トルコ)、スルニ(クロアチア)、鵝鑾鼻(台湾)のTOP3の他、野沢温泉(日本)が第8位にランクインしている。日本国内では、「野沢温泉」で登録している施設数の77%もの施設が「ゲスト・レビュー・アワード2018」を獲得し、その他にも湯布、高山、奈良と温泉街の受賞が目立つ結果となった。
 
d15916-158-787426-5
d15916-158-704438-4
 
 
 

関連カテゴリー