年末年始の旅行シーズンは米国でワンランク上の思い出を!2017年 米国の絶景レストラン トップ100  

2017年10月13日 11時03分更新


Pocket

 米オープンテーブル社は、クリスマス・年末年始の旅行シーズンに先立ち、「2017年 米国の絶景レストラン トップ100」を発表した。
 同ランキングは、2016年7月1日から2017年5月31日の期間に、全米50州およびワシントンD.C.にある2万5,000店以上のレストランを利用したOpenTable利用者から集めた1,000万件以上の評価・口コミをもとに決定している。対象レストランは「総合点」と「条件を満たす評価・口コミ数」の最低条件をクリアしているレストランの中から、該当レストランに対して、「絶景・眺めが良い」と答えた評価の割合をもとに選定されている。
 
20171013res10
OpenTable利用者が選んだ「2017年 米国の絶景レストラン トップ100」は下記URLにアルファベット順で写真とともに紹介している。
URL:https://www.opentable.com/m/most-scenic-restaurants-2017/ (英語)
 
 今回の「トップ100」レストランは、都心にそびえ立つ摩天楼の昼と夜の景色が一望できるレストランや、海が見渡せる海岸沿いのレストラン、壮大な自然の中に佇むレストランなど、都市部から郊外まで多岐にわたる様々な眺望が楽しめるフォトジェニックなレストランが選ばれた。
 
 エリア別に見ると、全米34州という幅広いエリアからレストランが選ばれており、その地域ならではの魅力が詰まった景色を堪能しながら最高の食事体験ができるレストランがトップ100入りを果たしている。また、最多の13店が選出されたのはカリフォルニア州で、次いでノースカロライナ州から6店、フロリダ州、ネバダ州、オハイオ州、バージニア州、ウィスコンシン州からはそれぞれ5店、コロラド州、ニュージャージー州、テキサス州からは4店が選出された。
 
 料理ジャンルでは、アメリカ料理が40店以上と最も多く、その他にも、シーフード、ステーキ、アジア料理、フレンチ、イタリアンなど様々な料理ジャンルのレストランが評価された。
 
 
 

関連カテゴリー