今年の恵方「南南東」にある島、ニューカレドニア イル・デ・パン島が2016年注目の旅先ランキング3位に!

2016年1月14日 15時41分更新


Pocket

 株式会社エイチ・アイ・エスとニューカレドニア観光局は、エイチ・アイ・エスが2015年12月に行なったSNSファン「注目の旅行先はここだ!2016 年行きたい旅先投票キャンペーン」の結果にニューカレドニアのイル・デ・パン島が第3位にランクインしたと発表した。また、南南東に位置する旅先としてはトップとなった。

 この調査は、日本から見て今年の恵方である南南東に位置する国、「今しか楽しめない景色」が広がる国、世界的イベントが開催される国など2016年注目の旅行先20箇所を対象に、Facebook、Twitter、Google+などで2016年に行きたい旅先の投票を募ったものだ。

 ランキングは以下の通り(トップ5まで)

■2016 年行きたい旅先ランキング

1位 キューバ/ハバナ
2位 ハワイ離島/ハワイ島
3位 ニューカレドニア/イル・デ・パン島
4位 ニュージーランド/南島
5位 アイスランド/レイキャヴィーク

 今回3位にランクインしたニューカレドニアのイル・デ・パン島は、ヌメアから飛行機で20分ほどの場所に位置する、ニューカレドニアの離島で、南太平洋の宝石箱と例えられるほどコバルトブルーの美しいラグーンに囲まれた島だ。魚が多く生息する天然プールと呼ばれるピッシンヌ・ナチュレル、きめ細やかな純白の白砂で有名なクト・ビーチ、その背中合わせにあるエメラルドブルーのカヌメラ・ビーチ、波のないキノコ型の奇岩がユニークなウピ湾など、様々な観光スポットがある。美しい風景に一度は行ってみたいという声を多く集め、3位にランクインしたようだ。

 ランキングの詳細はURL参照。
http://www.his-j.com/trend/2016travel/index.html

【調査概要】

■調査期間:2015年12月18日~12月24日
■調査対象:H.I.S. SNSファン
■調査方法:SNS(Facebook、Twitter、Google+)を活用したWEB調査
  
  

関連カテゴリー