海外旅行 シニア世代は「高・遠・長」で満足 ― エクスペディア調査

2015年10月6日 11時40分更新




Pocket

 エクスペディアは、海外旅行に関する調査を実施した。20代から30代の「ヤング世代」と60代から70代の「シニア世代」を対象として、それぞれ250名を対象に調査。シニア世代の旅行が「高・遠・長」なのに対し、ヤング世代は「安・近・短」であったとのこと。

 海外旅行にかけた費用についての質問では、ヤング世代とシニア世代で大きく回答傾向が分かれた。ヤング世代は「15万円未満」が60%を占めたのに対し、シニア世代は「15万円以上」が60%を占めた。また、シニア世代の15%が「40万円以上」と回答している。「15万円」以上か以下かが、海外旅行にかける費用の分岐点となっている様子。

 訪問先では、ヤング世代はアジア、シニア世代はヨーロッパとの回答が多い結果に。シニア世代は時間も費用もかかるヨーロッパをより好む傾向が見られている。

 海外旅行期間では、ヤング世代は「3~5日未満」、シニア世代は「1週間~2週間未満」が最多に。ここでも、ヤング世代とシニア世代で回答結果の違いが顕著になった。シニア世代に比べ、若者はなかなか海外旅行のための時間が取れないことも読み取れる。

 シニア世代の海外旅行予約方法については、エクスペディアが実施しているアンケートであることも影響してか、70%の回答者が「パソコンから予約」と回答している。

 全体的に、シニア世代はヤング世代に比べて、海外旅行に費用をかけ、遠くまで行き、長期間楽しんでいることがこの調査から分かる。シニア世代は、より満足度の高い旅行を満喫しているようだ。

関連カテゴリー