横浜駅まで電車で30分以内、家賃相場が安い駅ランキング2022年版 ー SUUMOジャーナル

2022年5月30日 11時47分更新


Pocket

 リクルートが運営するニュースサイト『SUUMOジャーナル』は、「横浜駅まで電車で30分以内、家賃相場が安い駅ランキング2022年版」を発表した。

 1位は小田急江ノ島線沿線の善行駅。駅名は、付近に江戸時代にあったという寺「善行寺」に由来しているとのこと。所在地の神奈川県藤沢市は、県の中央南部に位置し、南を相模湾に面しており、市域はおおむね平坦な地形だが、善行駅付近は丘陵地帯で坂が多いのが特徴で、毎日坂道を登り下りすると考えると敬遠してしまいそうだが、それすら“味”と感じられそうなどこか郷愁を誘う景色は、まるで映画の場面のような風情と魅力的な雰囲気があるそうだ。
 2位は南万騎が原駅。横浜市旭区にあり、横浜駅までの所有時間は15分と利便性抜群な上、沿線である相模鉄道は2023年3月に東急線と相互直通運転を予定しているので、都内の渋谷駅や目黒駅までのアクセスも向上が期待できるとのこと。
 ランキングの中で横浜駅までの所要時間が一番短いのが、13位の屏風浦駅。普通列車のみの停車駅だが、隣駅はエアポート急行や特急が停車し、横浜市営地下鉄が利用できる上大岡駅で、駅間距離は約2.5㎞。同じく隣駅でエアポート急行と、JR根岸線と横浜シーサイドラインが利用できる杉田駅は約1.6㎞で、屛風浦駅を最寄りとする物件でも、選ぶ場所によっては利用路線の選択肢を増やすことができるとのことだ。

関連カテゴリー