1位は6万円!?SUUMO「新橋駅まで電車で30分以内・家賃相場が安い駅ランキング」

2019年6月6日 10時02分更新


Pocket

 リクルート住まいカンパニーが運営する不動産・住宅情報サイト『SUUMO(スーモ)』は、住まいや暮らしに関するテーマについてアンケート調査を実施し、「新橋駅まで30分以内・家賃相場が安い駅ランキング 2019年版」の結果をまとめて発表した。
 
 
■新橋駅まで30分以内、家賃相場が安い駅TOP19
190606r1
 
 1位は、江戸川区の葛西臨海公園。駅の南側には同名の、芝生広場や鳥類園などの施設のほか、水遊びができる人工渚を備えた葛西臨海公園がある。
 
 新橋駅からは乗り換えが必要だが、東京駅でJR京葉線に乗り換えてしまえば、そこからの所要時間は約15分。京葉線は東京駅構内での移動距離が少しあるため、どうせそれを歩くならもう少し足を延ばして、健康のために東京駅―有楽町駅―新橋駅と歩いてみることが十分可能なのはうれしい点だろう。
 
 ランキング中で目立つのは、賃料6.5万円の駅が同率8位で4駅ある点。千葉県船橋市の下総中山駅に、 神奈川方面の鹿島田駅、都内の青砥駅と、同じ予算でいろいろな方面を選択できるのは珍しいように感じられる。
 
 このうち、横浜市神奈川区が所在地の新子安駅は、ランキング中唯一、利便性抜群なJR京浜東北線の駅。東京駅のほか、横浜駅までは約6分、川崎駅までは約8分で乗り換えなしで移動できる。駅から約50mの場所に京急新子安駅があるため、実質京急本線との2路線が利用可能だ。
 
 駅周辺には大きな商業施設などはないが、その分落ち着いた環境。飲食店なども少なめだが、駅前には深夜1時半まで営業しているスーパーもある。残業が多い、もしくは単身者で食事はたいがい同僚や友人と新橋駅で済ませてくる、という層なら不便を感じることはなさそうだ。
 
 ランキング内で一番アクセスがいいのは、所要時間が唯一20分を切る同率14位の新川崎駅。新橋駅へと同じく、品川へも乗り換えなしで15分以内で行くことができる。
 近年再開発が進んでいるエリアであり、大規模マンションの建築も増えている。駅直結の大型商業施設「新川崎スクエア」があるため、買い物も便利。深夜1時まで営業しているスーパーもある。
 
 賃料の傾向は、方面や路線にある程度偏りが出てもしかるべきものだ。これだけバラけて選択肢が豊富ということは喜ばしいことだが、裏を返せば、予算以外で何を重視して部屋を決めるのか、より深く考えさせられるということでもある。新橋は懐深いようでいて、よそより思考を求めるオトナの街である。
 
 
■調査概要
・調査対象駅:新橋駅まで電車で30分以内の駅(掲載物件が11件以上ある駅に限る)
・調査対象物件:駅徒歩15分以内、10平米以上~40平米未満、ワンルーム・1K・1DKの物件(定期借家を除く)
・データ抽出期間:2018/12~2019/2
・家賃の算出⽅法:上記期間でSUUMOに掲載された賃貸物件(アパート/マンション)の管理費を含む⽉額賃料から中央値を算出(3万円~20万円で設定)。
・所要時間の算出方法:株式会社駅探の「駅探」サービスを使用し、平日の日中時間帯の検索結果から算出
※駅名および沿線名は、SUUMO物件検索サイトで使用する名称を記載している
※ダイヤ改正等により、結果が変動する場合がある
 
 
 

関連カテゴリー