アウトドア時に乗りたい車は?年収別で分かれる結果に

2022年12月20日 10時30分更新


Pocket

 キャンプやグランピングを中心としたアウトドア総合情報サイト「TAKIBI」の運営をおこなう株式会社フォーイットは、全国の10代~60代までの男女500人を対象にアウトドア時に乗りたい車に関するアンケートを実施し、男女別・年代別等の特徴についてまとめた。

【調査概要】
対象者:18歳~65歳の男女
サンプル数:500人
居住地:全国
調査方法:ネットリサーチ
アンケート実施日:2022年11月24日

【質問:アウトドアに出かける時はどんな車で行きたいですか?】

質問に対しての回答選択肢は以下
1.ミニバン
2.SUV
3.ステーションワゴン
4.軽自動車
5.コンパクトカー
6.セダン
7.キャンピングカー
8.オープンカー
9.その他

全国の10代~60代の男女を対象とした「アウトドアに出かけるときはどんな車で行きたいですか?」というアンケートを行ったところ、一番多かった回答は「ミニバン」で29.8%という結果となった。次いで、「SUV」が25.2%、「ステーションワゴン」が20.2%となっている。また、「その他」として、「クーペ」という回答が得られた。

●子供の有無

子供の有無で比較したところ、
・「子供あり」
1位:ミニバン(37.9%)
2位:SUV(24.5%)
3位:ステーションワゴン(23.4%)

・「子供なし」
1位:SUV(25.9%)
2位:軽自動車(22.2%)
3位:ミニバン(20.9%)
という結果になりました。

「子供あり」では、7~8名の大人数が乗車でき、且つ荷物の収容量も多い「ミニバン」を選択した方が約4割と、ミニバンのファミリー層人気が高いことが伺える。

また、「子供あり」「子供なし」どちらにおいても「SUV」が上位にランクインしており、デイリーユースでもアウトドアシーンでも、どこでも乗り回せる利便性の高さが評価されたことが見受けられた。

●年代別

年代別で見ると、
<10~20代>
1位:SUV(38.7%)
2位:オープンカー(25.8%)
3位:軽自動車(22.6%)

<30~40代>
1位:ミニバン(28.9%)
2位:SUV(22.9%)
3位:軽自動車(19.9%)

<50~60代以上>
1位:ミニバン(31.7%)
2位:SUV(25.4%)
3位:ステーションワゴン(23.1%)

となり、どの年代でも上位に「SUV」がランクインする結果となったが、その他の順位に関しては年代による違いが見受けられた。
10~20代で特徴的だった点に、「オープンカー」がランクインしていることが挙げられるが、非日常的な開放感を味わえることや、見た目の部分での”憧れ”も反映された結果であると推察される。
一方、50~60代以上では実用性重視の順位構成となり、燃費性能が高い「ステーションワゴン」が3位にランクインする形となった。
友人や家族など大人数で出かける機会が多い他年代と比べ、夫婦や少人数で出掛ける機会が増える50代以降では、普段使いでも利便性の高い車種の回答率が高まったのだと考えられる。

世帯年収別

世帯年収別では、年収層毎に変化が表れる結果となった。
まず、世帯年収500万円未満では「軽自動車」の回答率が最も高く、25.1%となった。世帯年収500万円~1000万円になると、「ミニバン」が約4割で最も多く、世帯年収1000万円を超えると、ミニバンとSUVの割合が逆転し、「SUV」が最も多くなるという結果に。
SUV車では、積載量や利便性に加え、乗り心地や内装がより上質な高価格帯のものも多くラインナップされている。世帯年収が増えたことにより、こだわりのポイントに予算を充てたいと考える方が多かったのかもしれない。

全体を通して、アウトドアへ出かける際の車選びでは年代や家族構成などが関わってくるということが分かった。

関連カテゴリー