自宅で見たり育てたりして楽しむ植物・花は男女ともに「観葉植物」が1位 ー LINEリサーチ

2022年5月12日 11時44分更新


Pocket

 LINEが運営しているLINEリサーチでは、日本全国の男女を対象に、自宅で見たり育てたりして楽しむ植物・花の種類などについて調査し、その結果を発表した。
 見たり育てたりして、楽しむための植物・花が自宅(屋外含め)にあるか、またある方はどんな植物・花があるかを聞いたところ、自宅にある植物や花では、「観葉植物」が3割弱で全体TOPとなった。2位以降は「庭植えの花 / 花壇(プランター)」「鉢植えの花」が約2割で続く。

 男女別では、全体と同じく「観葉植物」が男女ともにTOPという結果に。全体的に女性のほうが各項目の割合が高い傾向がみられる。
 女性では、「庭植えの花 / 花壇(プランター)」は2位となった。特に50~60代で割合が高くなっていた。また、インテリアの一部としても楽しめる「ドライフラワー」は10~30代で人気があり、20代女性では2位、30代女性では3位にランクインし、2割前後となった。「切り花」や「プリザーブドフラワー」は、60代女性で3割超と特に高い割合だった。「プリザーブドフラワー」は女性に人気がある一方で、男性ではランキング外となっている。
 男性は、女性に比べると全体的に割合は少ないものの50~60代になると、自宅に植物や花がある人の割合が増えていく。特に60代男性では、「鉢植えの花」や「庭植えの花 / 花壇(プランター)」の割合が高く3割強となった。

 自宅に見たり育てたりして楽しむための植物・花がある人に、それらを手に入れた方法について聞いたところ、全体では、「ホームセンター」が4割超でTOPに。2位以降は「プレゼント / ギフトでもらったもの」「園芸専門店 / ガーデニングショップ」「花屋」と続く。全体で上位に入った4項目は、すべての年代でもランクインしている。

 年代別にみると、20代以外では全体と同じく「ホームセンター」がTOPになっている。特に50~60代で割合が高く、60代では女性よりも男性でホームセンターで手に入れたと回答する人の割合が高くなっていた。
 また、50~60代では「園芸専門店 / ガーデニングショップ」が2位にランクイン。自宅にある植物や花でも、「鉢植えの花」や「庭植えの花 / 花壇(プランター)」は50~60代の割合が高かったという結果もあり、ホームセンターや専門店に買いに行く様子がうかがえる。20代でTOPとなったのは「プレゼント / ギフトでもらったもの」。男性よりも女性で割合が高く、特に20代以降の女性では3~4割台だった。
 ほかにも、10代では「配布されたもの(学校やイベントなど)」がランクインした。

関連カテゴリー