安い早い『富士そば』の満足度調査、500円以内で満足できるこだわりのタレを使った「かつ丼」が第1位!

2017年5月31日 13時37分更新


Pocket

 株式会社扶桑社の運営している、ニュース&エンターテイメント情報サイト「日刊SPA!」が、そば好きサラリーマン200人に『富士そば』の満足度調査を実施し、上位とワーストのランキングを発表した。

 以前「激安飲食店」でもっともおいしいメニューとは何か? 30~50代の食通男性200人にアンケート調査を実施し、その投票数から「満足度の高いチェーン店」ランキングを発表。

結果としては、
 【1位】 丸亀製麺
 【2位】 吉野家
 【3位】 餃子の王将
 【4位】 モスバーガー
 【5位】 サイゼリヤ

 今回は、残念ながこの調査ではランクインしなかったそばチェーン「富士そば」をピックアップ。満足度の高いメニュー、ベスト3&ワースト3のランキングを発表した。

『富士そば』で満足度の高いメニュートップ3

【1位】 かつ丼 (税込み490円)

かつ丼

 「安さと早さを求めるサラリーマンの強い味方ですが、他業態に比べて商品のインパクトが薄い。満足感という意味では中途半端な存在なんですかね」という意見や、「ベストを選ぶならかつ丼です。つゆメーカーに特注したこだわりのタレが秀逸。甘すぎず辛すぎずバランスが良く、タレだけでもご飯が進みます。卵も白身を切らずふんわりしている」と、500円以内で満足できるという人気商品。

【2位】 肉富士そば (税込み470円)
 「豚肉のうまみがつゆに溶け出してそばの味を一層引き立ててくれます。そばチェーンって基本的に天ぷらとかのトッピングが入って初めて味が完成するようにできているのでトッピングはマスト」というコメントがある中で、天ぷらのトッピングは「悪くないがインパクトに欠ける」ということでランキング外に。

【3位】 ゆず鶏ほうれん草そば (税込み430円)
 取扱店舗は多いが店舗限定品。「ゆずの香りとたっぷりのほうれん草が味に奥行きを生み出しています」と人気。

続いてワースト3

【ワースト1位】 たぬきそば (税込み390円)

ふじそば

 「富士の天かすは業務用で風味が弱いんです。」低価格なりの意外性やパンチが欲しいところ。

【ワースト2位】 カレーライス (税込み440円)
 「カレーライスは業務用のルウそのままなので味・具ともに物足りないと思います。」上位にランクインしたかつ丼のように、そば屋らしく、だしを活かしたメニューになるとワーストからは抜け出せるかもしれない。

【ワースト3位】 特撰富士そば (税込み450円)
 「特撰富士そばは天かす、油揚げ、温泉卵に加え、なぜかカニかまがのっているのですが、小粒な具材の寄せ集めなので主役がいない印象です」という意見や、「お店の名を冠しているメニューとしてはイマイチかなと思います」というコメントがあり、せっかくの看板商品だが人気がないという、残念な結果となった。

 今回のアンケートで、「『ゆで太郎』の天かすは、味は普通ですが取り放題なのが嬉しい。店舗製麺なので、『ゆで太郎』は他店に比べて麺の質が高いのも特徴です」という意見もでており、『ゆで太郎』は他店との差をつけるための取り組みがみられていた。『富士そば』は今後どんな差を打ち出せるだろうか。
 
 
 
 

 

関連カテゴリー