全国1万人が選んだ2015年外食トレンドは?――「食べログ」外食トレンドアンケート

2015年12月4日 16時28分更新

図:これから体験してみたいトレンド 男性トップ5
図:これから体験してみたいトレンド 男性トップ5

図:これから体験してみたいトレンド 女性トップ5
図:これから体験してみたいトレンド 女性トップ5

Pocket

 株式会社カカクコムが運営するランキングとクチコミのグルメサイト「食べログ」は、2015年の外食シーンにおいて話題となったメニューやトレンドに関するアンケート調査結果を発表した。

 全国約1万人から寄せられた回答から、一部紹介する。

■ 「熟成肉」が認知・注目・今後の体験意欲でトップに。

 今年も新店が続々オープンした「熟成肉」が、昨年調査に引き続き認知率(71%)、注目度(52%)ともにトップとなった。また、今後体験してみたいトレンドでもダントツの結果に。その他、気になるトレンドでも肉に関するワードが目立っているようだ。昨年度からの肉ブームはまだまだ続きそうである。

■ 注目度TOP3は「熟成肉」、「グルメフェス」、「立ち食い店」
 
 注目度ではまず「熟成肉」が(52%)とトップ。次いで近年テーマに広がりが見られる「グルメフェス」(35%)、テレビなどでも紹介され話題となった立ち食いステーキや焼肉など新たなスタイルのお店「立ち食い店」(33%)の3つが他と比べ注目度が高いようだ。性年代別で見ると「熟成肉」は男女幅広い世代から、「グルメフェス」は20~30代女性、「立ち食い店」は30代以上の男性から注目されていて、今年の三大注目トレンドと言えそうである。

■ 体験したものトップ「レストランのインターネット予約」。特に女性では45%が利用。
次いで「クラフトビール」「熟成肉」

 今年体験したもののトップは「レストランのインターネット予約」(35%)。これは女性が特に体験率が高く、45%にものぼった。また、「グルメフェス」「かき氷」「ジャーサラダ・ドリンク」「エスニックブーム」などは女性の割合が非常に多く、主に女性が牽引するトレンドであることがわかる。逆に、男性では「立ち食い」「ちょい飲み」「日本酒」などが女性よりも特に多い結果となった。

■ これから体験したいもの:「熟成肉」(37.8%)がトップ、次いで「グルメフェス」(30.6%)。
「海外の人気店」「サードウェーブコーヒー」「新感覚スイーツ」も上位に

 これから体験してみたいトレンドのトップは、ここでも「熟成肉」。次に「グルメフェス」。認知・注目・経験が高かったことに加え、今後の体験意欲も強いことがわかる。また、「タコベル」「シェイクシャック」などが相次いで上陸して今年も話題になった「海外の人気外食専門店」や「サードウェーブコーヒー」、「新感覚スイーツ」など、体験した人は少なかったものの、メディアなどで目にする機会が多かったためか今後の体験意欲が高まっているようだ。
 
 近年では特に女性からの支持の獲得をいかに獲得するかが繁盛店になるカギともなっており、そのような視点でこの結果を見ても、面白いかもしれない。

【調査概要】
調査対象者:食べログ会員
調査方法:Webアンケート調査
調査期間:2015年11月12日(木)~11月16日(月)
回答者人数:9,734人
男女比率:男性61.5% 女性38.5%
調査実施機関:株式会社カカクコム

この調査の詳細は、食べログサイトを参照いただきたい。
http://tabelog.com/

  
  

関連カテゴリー