冬に週に1回以上鍋をする人は3割以上に――ドゥ・ハウス「家で食べる鍋料理」に関するアンケート

2014年11月28日 10時00分更新


Pocket

・冬に週に1回以上鍋をする人は3割以上

・好きな鍋料理はすき焼き、寄せ鍋、おでんの順

・登場回数の多い鍋はおでん、寄せ鍋、水炊きの順

 
 
 ドゥ・ハウスは2014年10月15日(水)~10月19日(日)の間、20代~60代の男女1000人を対象に「家で食べる鍋料理」に関するアンケートを実施した。

 どんな時に「鍋料理を食べよう」と思うのか聞いたところ、1位「体を温めたいとき(38.8%)」、2位「家族、知人とのだんらんのとき(15.2%)」、3位「野菜不足と感じたとき(14.3%)」となった。1位と2位との差は20ポイント以上で、寒さを感じると、鍋をしたくなる人が多いようだ。

 11月~2月にかけて家で鍋料理をする頻度は「週1回程度(22.7%)」が最も多く、次いで僅差で「2~3週間に1回程度(22.1%)」となった。「週4回以上」や「週2~3回」をあわせた週1回以上鍋をする人は3割以上になり、鍋は冬には欠かせない料理のひとつとなっている。

CS20141121003_001

 好きな鍋料理は1位「すき焼き(43.9%)」、2位「寄せ鍋(35.0%)」、3位「おでん(33.6%)」という結果となった。一方、家で登場回数の多い鍋となると順位が変動し、1位「おでん(43.4%)」、2位「寄せ鍋(42.3%)」、3位「水炊き(32.2%)」となっており、すき焼きは水炊きの次となった(29.9%)。

関連カテゴリー