今年活躍したアスリートランキング

2022年12月22日 15時31分更新


Pocket

 株式会社博報堂DYメディアパートナーズは、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング、データスタジアム株式会社と共同で、2022年12月2日~5日に、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」2022年総括特別編を行った。
■ 調査内容について ■
 「今年活躍した」アスリートは、男性で1位:大谷翔平(MLB・大リーグ)、2位:村上宗隆(プロ野球<国内>)、3位:堂安律(サッカー<日本代表>)、4位:三笘薫(サッカー<日本代表>)、5位:羽生結弦(フィギュアスケート)となった。女性では、1位:大坂なおみ(テニス)、2位:池江璃花子(水泳<競泳>)/高木美帆(スピードスケート)、4位:伊藤美誠(卓球)/坂本花織(フィギュアスケート)/渋野日向子(女子ゴルフ)となった。
 「来年活躍が期待できる」アスリートは、男性で1位:大谷翔平(MLB・大リーグ)、2位:三笘薫(サッカー<日本代表>)、3位:堂安律(サッカー<日本代表>)、4位:村上宗隆(プロ野球<国内>)、5位:久保建英(サッカー<日本代表>)となった。女性は1位:大坂なおみ(テニス)、2位:伊藤美誠(卓球)、3位:紀平梨花(フィギュアスケート)、4位:渋野日向子(女子ゴルフ)、5位:平野美宇(卓球)/池江璃花子(水泳<競泳>)の順となった。男女とも世界を舞台に戦うアスリートが上位を占める結果となった。
 アスリートイメージ総合ランキングは、1位:大谷翔平(MLB・大リーグ)、2位:羽生結弦(フィ ギュアスケート)、3位:池江璃花子(水泳<競泳>)、4位:三笘薫(サッカー<日本代表>)、 5位:堂安律(サッカー<日本代表>)であった。

 「アスリートイメージ評価調査」はCMキャスティングの際に使用する基礎データとしての活用を主な目的に、アスリートの認知度、好意度、29項目のイメージ評価によるオリジナル調査。今後も定期的に実施し、分析を行っていく。

【今年活躍した男性アスリート】
1位:大谷翔平(MLB・大リーグ)
2位:村上宗隆(プロ野球<国内>)
3位:堂安律(サッカー<日本代表>)
4位:三笘薫(サッカー<日本代表>)
5位:羽生結弦(フィギュアスケート)

【今年活躍した女性アスリート】
1位:大坂なおみ(テニス)
2位:池江璃花子(水泳<競泳>)/高木美帆(スピードスケート)
4位:伊藤美誠(卓球)/坂本花織(フィギュアスケート)/渋野日向子(女子ゴルフ)

【来年活躍が期待できる男性アスリート】
1位:大谷翔平(MLB・大リーグ)
2位:三笘薫(サッカー<日本代表>)
3位:堂安律(サッカー<日本代表>)
4位:村上宗隆(プロ野球<国内>)
5位:久保建英(サッカー<日本代表>)

【来年活躍が期待できる女性アスリート】
1位:大坂なおみ(テニス)
2位:伊藤美誠(卓球)
3位:紀平梨花(フィギュアスケート)
4位:渋野日向子(女子ゴルフ)
5位:平野美宇(卓球)/池江璃花子(水泳<競泳>)

【 アスリートイメージ総合ランキング】
1位:大谷翔平(MLB・大リーグ)
2位:羽生結弦(フィギュアスケート)
3位:池江璃花子(水泳<競泳>)
4位:三笘薫(サッカー<日本代表>)
5位:堂安律(サッカー<日本代表>)
6位:久保建英(サッカー<日本代表>)
7位:橋本大輝(体操)
8位:石川祐希(バレーボール)
9位:吉田麻也(サッカー<日本代表>)
10位:森保一(サッカー<日本代表>)

【 アスリート/競技 個別イメージランキング】
 アスリートのさまざまなイメージ評価を調査した。個別のイメージごとに、上位5アスリートをランキングで報告する。
また、競技の個別イメージについても調査し、上位5競技をご報告する。

 個別イメージから見た「アスリート」と「競技」を比較することで、アスリートイメージと競技イメージで共通性があるものは相乗関係があるイメージ、共通性がないものはアスリートが独自に持つ固有のイメージとして捉えている。
※「アスリート」と「競技」を比較し、共通して上位に挙がっているものは下線を引いている。

「爽やかな」アスリート
1位:大谷翔平(MLB・大リーグ)
2位:羽生結弦(フィギュアスケート)
3位:石川祐希(バレーボール)
4位:橋本大輝(体操)
5位:堀米雄斗(スケートボード)

「爽やかな」イメージの競技
1位:サーフィン
2位:テニス
3位:水泳<競泳>
4位:体操
5位:スピードスケート

「可愛い」アスリート
1位:紀平梨花(フィギュアスケート)
2位:髙梨沙羅(スキー<ジャンプ>)
3位:阿部詩(柔道)
4位:坂本花織(フィギュアスケート)
5位:池江璃花子(水泳<競泳>)

「可愛い」イメージの競技
1位:フィギュアスケート
2位:女子ゴルフ
3位:体操
4位:バドミントン
5位:バレーボール

「清潔な」アスリート
1位:羽生結弦(フィギュアスケート)
2位:紀平梨花(フィギュアスケート)
3位:池江璃花子(水泳<競泳>)
4位:髙梨沙羅(スキー<ジャンプ>)
5位:石川祐希(バレーボール)

「清潔な」イメージの競技
1位:フィギュアスケート
2位:女子ゴルフ/体操
4位:水泳<競泳>
5位:テニス

「リーダーシップがある」アスリート
1位:吉田麻也(サッカー<日本代表>)
2位:森保一(サッカー<日本代表>)
3位:中村俊輔(サッカー<Jリーグ>)
4位:姫野和樹(ラグビー<日本代表>)
5位:和田毅(プロ野球<国内>)

「リーダーシップがある」イメージの競技
1位:サッカー<日本代表>
2位:プロ野球<国内>
3位:野球<日本代表>
4位:ラグビー<日本代表>
5位:サッカー<Jリーグ>

「テクニックがある」アスリート
1位:三笘薫(サッカー<日本代表>)
2位:平野歩夢(スノーボード)
3位:中村俊輔(サッカー<Jリーグ>)
4位:久保建英(サッカー<日本代表>)
5位:羽生結弦(フィギュアスケート)

「テクニックがある」イメージの競技
1位:スノーボード
2位:スケートボード
3位:体操
4位:フィギュアスケート
5位:卓球/自転車<BMX>

「夢や感動を与えてくれる」アスリート
1位:大谷翔平(MLB・大リーグ)
2位:羽生結弦(フィギュアスケート)
3位:池江璃花子(水泳<競泳>)
4位:森保一(サッカー<日本代表>)
5位:村上宗隆(プロ野球<国内>)

「夢や感動を与えてくれる」イメージの競技
1位:サッカー<日本代表>
2位:野球<日本代表>
3位:フィギュアスケート
4位:サッカー<Jリーグ>
5位:プロ野球<国内>

■ 調査概要 ■
・調査方法:Web調査
・調査地区:首都圏+京阪神圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)
・調査対象者:対象エリアに在住の15~69歳の男女
・有効回収サンプル数:600サンプル
・調査期間:2022年12月2日~12月5日
・実査機関:H.M.マーケティングリサーチ

関連カテゴリー