2016年上半期DAMカラオケリクエストランキング発表!浦島太郎(桐谷健太)の「海の声」が初登場1位に

2016年7月5日 14時31分更新


Pocket

 株式会社第一興商は、通信カラオケDAMにおける2016年上半期のカラオケリクエストランキング調査を実施し、その結果を発表した。

 今上半期で最も歌われた曲は、浦島太郎(桐谷健太)の「海の声」だった。昨年7月にCMのオリジナルソングとして登場した同曲は、一度聴いたら耳に残る歌詞フレーズや、三線の音色も印象的であると話題を呼んだ。
 2位の「糸」(中島みゆき)と3位の「ひまわりの約束」(秦基博)は、2015年のDAM年間カラオケリクエストランキングから順位が逆転したものの、引き続き根強い人気を保持しているようだ。

 2016年上半期DAMカラオケリクエストランキングは以下の通りとなっている。

■ 2016年上半期 DAMカラオケリクエストランキング(総合)

 ・1~25位

 ・26~50位

 また、アーティスト部門においては、2015年の年間ランキングの同部門で12位だった「back number」が大躍進し、初めて1位を獲得。総合ランキングにおいても「クリスマスソング」(7位)、「高嶺の花子さん」(18位)、「ヒロイン」(36位)と3曲もトップ50にランクインしているなど、その人気の高さがうかがえる。さらに、「西野カナ」も3位から2位に浮上しており、ここしばらく常にトップに君臨していたEXILEグループの牙城を崩す結果となった。
 新しい顔ぶれとして、世界的に人気を集めている「ONE OK ROCK」(11位)や「BIGBANG」(17位)がトップ20にランクインした。

■ 2016年上半期 DAMカラオケリクエストランキング(アーティスト)

【調査概要】
調査期間 2016年1月1日~6月30日
株式会社第一興商 通信カラオケDAM調べ
  
  

関連カテゴリー