春といえば桜!CD&DLでーた「桜ソングランキング 2016」発表

2016年3月18日 13時30分更新


Pocket

 株式会社KADOKAWAが取り扱う音楽情報誌「CD&DLでーた」は、春の桜のシーズンにあわせ10~30代の男女を対象とした、「さくらソング」のランキングを発表した。

 「さくら(桜)」と聞いて思い浮かべる、あなたの思い出の「さくらソング」を1曲教えてくださいという質問に、10代から30代の男女4326名が回答した。

 総合ランキング1位から6位までは、順位含め昨年と変わらない鉄板のランキングとなった。
 1位を獲得したのは森山直太朗の「さくら」。男女世代を問わず幅広い支持を集めた。3年連続第1位と、毎年多くの人に選ばれる名曲だけに、全体的なコメントの傾向として、“特に理由はないが”としつつも、“さくらと聞いて真っ先に思い浮かべる”人が多いことが特徴的である。
 2位は、特に20~30代男女の得票を集めたケツメイシの「さくら」。男女問わずPVの印象に関するコメントが多く見られると同時に、歌詞や曲のテンポ・リズムを評価するコメントも寄せられた。
 3位は30代を中心に、女性票を多数獲得した福山雅治の「桜坂」。コメントでは、女性の実体験に基づいた思い出が多く寄せられている。

 以下、4位はコブクロの「桜」、5位はいきものがかりの「SAKURA」、6位は嵐の「サクラ咲ケ」と続いている。

■ さくらソング ランキング 2016

1位:さくら/森山直太朗
2位:さくら/ケツメイシ
3位:桜坂/福山雅治
4位:桜/コブクロ
5位:SAKURA/いきものがかり
6位:サクラ咲ケ/嵐
7位:桜色舞うころ/中島美嘉
8位:桜ノ雨/absorb feat.初音ミク
9位:さくらガール/NEWS
10位:SAKURAドロップス/宇多田ヒカル
11位:桜の時/aiko
12位:Sakura/レミオロメン
13位:3月9日/レミオロメン
14位:桜/川本真琴
15位:千本桜/黒うさP feat.初音ミク
16位:桜ナイトフィーバー/KAN、こぶしファクトリー
17位:桜/河口恭吾
18位:SAKURA/175R
19位:Sakura/嵐
20位:CHE.R.RY/YUI

【調査概要】
調査対象 : 全国47都道府県の10代から30代までの男女
回答者数 : 4326人(男性1971人、女性2355人)
調査手法 : 大規模ユーザーリサーチシステム『eb-i』によるインターネット調査
調査期間 : 2016年2月22日~2月23日
  
  

関連カテゴリー