信頼性が高いカーブランド1位は”トヨタ”。米Consumer Reports

2022年11月17日 11時22分更新


Pocket

 米国の消費者情報誌「コンシューマー・レポート(Consumer Reports)」が11月15日(現地時間)に発表した調査結果によると、自動車の信頼性が最も高いブランドは「トヨタ」、信頼性が最も高いクルマは「カローラ ハイブリッド」となった。

信頼性が最も高いカーブランド1位に「トヨタ」

 毎年恒例の「自動車信頼性ブランド・ランキング」のトップ 3 にランクインしたのは「トヨタ」「レクサス」「BMW」だった。昨年2位だったマツダは2つ順位を下げて4位となり、ホンダがトップ5に入っている。


信頼性予測スコアは0〜100ポイントの間で計算され、平均評価は41〜60ポイント。ランキングの対象となるには、2車種以上の十分な調査データが必要だ。

 アジアの自動車メーカーが依然として信頼性をリードしており、0〜100点満点での総合信頼性平均スコアは59点だった。最も信頼性の高いブランド10社のうち、7社がアジアの自動車メーカーだった。2位は欧州メーカーで51点、3位は米国メーカーで40点だった。ほぼ全ての自動車メーカーが、少なくとも1車種は平均以上の信頼性スコアを獲得しており、ラインアップ全体が平均以上の信頼性スコアを獲得している自動車メーカーも少なくない。

 今年は電動化モデルに関する興味深い洞察があった。カテゴリ別に見ると、ハイブリッド車プラグインが最も信頼性が高く、平均予測信頼性は78点。トヨタの「カローラ ハイブリッド」と「プリウス」、プラグイン ハイブリッドの「プリウス プライム」が際立っている。

ハイブリッドSUVとラグインは65点で3番目に信頼性の高いカテゴリで、レクサス NX ハイブリッド、ヒュンダイ サンタフェ ハイブリッド、トヨタ ハイランダー ハイブリッドとヴェンザがこのカテゴリで最高を獲得した。

一方、フルサイズのピックアップ トラックは、平均スコアが 30 で、信頼性が最も低いカテゴリとなった。

より多くのEVが市場に出回り、自動車メーカーが各モデルをより多く生産するにつれて、一部のEVはバッテリー パック、充電システム、駆動システムのモーターに問題を抱えていることがわかった。「シボレー・ボルト」、フォード「マスタング・マッハE」、ヒュンダイ「コナ・エレクトリック」、およびフォルクスワーゲン「ID.4」の所有者は、これらの問題のいくつかを報告している。

信頼性が最も高いクルマに「カローラ ハイブリッド」

10 Most Reliable Cars
順位クルマ信頼性スコア
1Toyota Corolla Hybrid93
2Lexus GX91
3Mini Cooper89
3Toyota Prius89
5Mazda MX-5 Miata85
6Lincoln Corsair82
7Toyota Corolla81
8Subaru Crosstrek80
8BMW 3 Series80
10Toyota Prius Prime77

また、同日に発表した信頼性の高い車10台の中で1位を獲得したのは、トヨタの「カローラ ハイブリッド」だった。2位にはレクサス「GX」、3位は同点でミニ「クーパー」とトヨタ「プリウス」、5位にマツダ「MX-5」と続き、TOP10のうち7モデルが日本ブランドが占めるかたちとなった。

出典:
・Consumer Reports「Car Brand Reliability Rankings
・Consumer Reports「10 Most Reliable Cars

関連カテゴリー