『歴代のマツダ車 あなたのお気に入りの一台は?』、中間1位は「オートザムAZ-1」

2020年5月28日 11時23分更新


Pocket

 2020年1月30日に創立100周年を迎えたマツダが、ホームページで『歴代のマツダ車 あなたのお気に入りの一台は?』という投票を行っている。投票は2020年12月末まで受け付けており、2021年1月29日(100周年最終日)に最終結果発表を予定している。

 ランキングの結果は、毎月中旬に更新されることになっている。今回は、中間発表順位という形だが、2020年5月18日時点でランキングされている(レーシングカーを除く)トップ5台を発表。

■1位 オートザムAZ-1 1992年

 数あるマツダ車のなかで、暫定とはいえファン投票1位に選ばれたのは、「オートザムAZ-1」。

 マツダは、1989年秋の東京モーターショーに3タイプの軽スポーツカーを参考出品している。そのなかで反響が大きかったA案を仕立て直し、1992年10月に市販している。それがオートザムチャネルから送り出されたベビーギャングの「AZ-1」。

 レーシングカーのように大断面のサイドシル構造を持つスケルトン・モノコックフレームの上にFRP製のクーペボディを被せ、ミッドシップならではの低く構えたスタイリッシュなルックスに加え、ドアはスーパーカーのように跳ね上げ式のガルウイングタイプ。

■2位 ランティス 1993年
 登場から30年近くになる今でも美しいと感じさせるフォルムの「ランティス」。

 バブル期に企画され、1993年9月にデビューを飾った。この時期は、マツダが「ときめきのデザイン」をテーマに、デザイン改革を行っていた時期であり、世界をリードする最新のモードをまとったクルマが多い。その筆頭がこのランティス。

 4ドアセダンと4ドアクーペがあり、どちらも個性が際立つスタイリング。プラットフォームなど、メカニズムはファミリアと共有し、クーペは「アスティナ」の後継。今でも通用する秀逸なデザインを、ファンは高く評価したのだろう。

■3位 アンティニRX-7(FD3S) 1991年
 今なお多くのファンに愛されているロータリーエンジン搭載のピュアスポーツ。「RX-7」としては最後の作品で、10年以上も第一線で活躍したことからわかるように、最初の設計が素晴らしかった。

 発表されたのは1991年10月である。ファンを魅了した美点のひとつが、今も色褪せないロングノーズ&ショートデッキのクーペフォルム。ボディに抑揚をつけ、低いノーズから続くフェンダーは峰を立てている。エンジンも魅力的だった。フロントミッドシップに搭載するのは13B-RWE型と呼ばれる2ローターのロータリーエンジンで、シーケンシャル・ツインターボ。

■4位 オートザムキャロル(2代目) 1989年
 マツダは1960年代の早い時期に軽乗用車を発売し、ぜいたくな設計の360クーペとキャロルは多くの人に親しまれたが、70年半ばに軽乗用車の開発から遠ざかっている。カムバックするのは1989年秋で、その最初の作品となったのが、オートザムで扱う新世代のキャロルだ。プラットフォームやパワーユニットは提携しているスズキのアルトのものを譲り受け、その上にマツダがデザインしたキュートな3ドアのハッチバックボディを被せた。

 女性に的を絞ったエクステリアデザインは、とてもキュートだ。ルーフ部分を開け閉めできるキャンバストップや個性的なオプションパーツも豊富に用意している。ファン投票では丸みのある親しみやすいデザインが後押ししたのだろう。今、売り出しても人気になると思えるほどポッブで、かわいらしいデザインが高く評価された。

■5位 ユーノス500 1992年
 1990年代前半、マツダは積極的にミドルクラスに兄弟車を送り出した。そのなかでもっとも個性が際立っているのが1992年10月に登場した「ユーノス500」だ。

 ユーノスブランドとしては初めての4ドアセダンで、ボディサイズを小型車サイズのなかに収めながらエレガントさと躍動感を上手に取り込んでいる。エクステリアは全幅を75mmも縮めているが、それを感じさせないほど面質は豊か。フロントマスクも凛として気品があり、インテリアも上質な仕上げにこだわった。美しいデザインに加え、クラスを超えた高いクオリティがファン投票の順位を押し上げたようだ。
 
  
 

 
 
 
 

関連カテゴリー