AMT化が進む大型トラック、日野が顧客満足度9年連続1位を獲得!2018年 日本大型/小型トラック顧客満足度調査

2018年1月18日 11時22分更新


Pocket

 J.D. パワーは、2018年 日本大型/小型トラック顧客満足度調査の結果を発表した。調査の結果、大型、小型とも、日野が顧客満足度第1位となった。日野は大型では9年連続、小型で4年連続の1位となる。
 
 
【大型トラック】1位:日野 2位:いすゞ
 
 主要各社の新型モデルがそろった本年は、総合CSIの大型トラックセグメント平均は568ポイントとなり、前年の560ポイントから8ポイント向上した。ブランド別には日野が583ポイントで9年連続首位。日野は車両評価、営業対応評価でトップ評価である。2位となったいすゞは、コスト評価がトップ評価であった。
 
【小型トラック】1位:日野 2位:いすゞ
 
 小型トラックのセグメント平均は550ポイント、前年の549ポイントと同水準である。ブランド別には日野が571ポイントで4年連続首位。日野は車両評価、営業対応評価がトップ評価となった。2位のいすゞは、全ファクターでセグメント平均を上回る評価であった。
 
 ドライバーの人材難が業界の課題となっている今日、ドライバー確保に有利な運転が容易なAMT車の普及は今後も進むと見られる。メーカー間の競争優位に立つためには、AMT車のトランスミッション品質向上が重要な鍵となる。
 
xiao_xing_toratuku_burandobie_rankingu_4
 
 
 

関連カテゴリー