顧客満足度No.1は「七田チャイルドアカデミー」、イード・アワード2016「幼児教室」発表

2016年9月16日 15時58分更新


Pocket

 イードの教育情報サイト「リセマム」は、幼児教室の顧客満足度調査を実施し、イード・アワード2016「幼児教室」を発表した。
 
 調査は2016年8月15日(月)より8月26日(金)までの期間、幼児教室に通っている未就学児の保護者を対象にインターネットで実施し、657票の有効回答を得た。
 幼児教室について、「子どもの気に入り度合い」「講師」「授業」「教材」「面倒見」「効果」「授業プログラムの充実度」「料金」および「総合満足度」を5段階で評価した。
 
 結果は以下のとおり。

幼児教室満足度
 
 満足度が高い保護者のコメントとしては「子どもの成長が感じられる」「子どもが楽しそうに通っている」「親が同じように指導するのは難しい」といったものがあった。一方で満足度が低い保護者は「費用が高い」「効果が見えない」といったものがあり、特に費用面への不満が目立つ結果となった。
 
■調査概要
調査期間:2016年8月15日(月)〜 8月26日(金)
調査対象:幼児教室に通っている未就学児の保護者
有効回答数:657
調査方法:株式会社イードが運営するアンケートサイト「あんぱら」および外部協力パネルによるインターネット調査
 
 
関連リンク:イード・アワード2016「幼児教室」結果発表について〜顧客満足度No.1は「七田チャイルドアカデミー」〜(イード)
 
 
 

関連カテゴリー