[NY発]アメリカ最大級日本フードフェスでの「人気日本食ベスト5」

2022年2月1日 10時00分更新


Pocket

 Jforward incは、日系イベントとしてアメリカ最大級の『JAPANFes』においての「人気日本食ベスト5」を発表した。

「JAPANFes」とは

アメリカ最大級日本フードフェスであり、コロナ以前は年10回以上のイベントを開催。一日の平均来場者数は1万人以上、フード好きのニューヨーカーなら誰もが知る日本フードフェス。日本全国からも60店舗以上のレストランが参加している。
ラーメンコンテストや粉物コンテスト、スイーツコンテストから夏祭りまで様々な企画を開催し日本の素晴らしさをNYから世界へ発信し続けている。現地メディアのTimeOut NewYork, FOX5, Spectrum News NY1,週刊ニューヨーク生活など多数取り上げられ、多方面から注目されており、過去に日本テレビ系列「ザ!鉄腕!DASH!!」また、日本テレビ系列「有吉ゼミ」等のメディアで放送。

コロナ規制緩和での2021年JAPANFes開催は現地参加者のみで開催し、過去最多の1日3万人の来場者数を記録。各参加店舗の商品も4時間で売り切れになるなど、現地ニューヨーカーの日本食、日本文化への熱を感じられ、参加店舗の満足度もコロナ前よりも高く、大成功を収めた。

人気日本食ベスト5

■BEST5

Wheel cake ◆ 大判焼き(1個:約500円)
第5位は日本で身近に買える大判焼き。あんこやクリームが主流ですが、ニューヨークでは意外なバナナチョコ味やタロ芋味などを販売。その中でも人気はバブルティー味!日本でも人気のタピオカ入りドリンク味。大判焼きの中にタピオカがゴロゴロ入っていてニューヨークでは大人気!また、日本らしい抹茶味餅入り大判焼きも人気商品だ。タピオカや餅が入ることによって、食べた後の満足がアップ。アメリカではボリューム感があることも売れるポイント。

■BEST4

Japanese pancake ◆ お好み焼き(1個:約1300円)
日本の屋台でも欠かせないお好み焼きが第4位。ソース好きは万国共通だ。熱い鉄板の上で焼きあがる美味しい香りに、ニューヨーカーも長蛇の列を作っている。日本のクラシックなお好み焼きも人気だが、チーズを入れたり、キムチを入れたりとアレンジも様々だ。

■BEST3

Japansese Cheese Cake ◆ チーズケーキ(1ホールケーキ:約1400円)
日本から海外展開している人気のチーズケーキが第3位。約6時間ほどの販売時間で計600個以上を完売した。日本のスフレケーキは人気で、他の店舗でも紅芋味や抹茶味、カステラなども販売していた。素材や製法にこだわった商品の美味しさは言葉や文化を超えて、伝わるということだ。

■BEST2

Japanese octopus ball ◆ たこ焼き(6個入り:約1300円)
第2位は日本でもよく食べられるたこ焼き。オープン前から3時間待ちという行列を作るほどの人気。このたこ焼きを食べにきたというリピーターも多くいる。外はカリカリ、中はとろーりとしている日本でも人気のスタイルのたこ焼きはニューヨーカーにも大ウケしている。味も普通から明太マヨやスパイシーまで選べて、パンチのある味が好きなニューヨーカーを虜にしている。

■BEST1

Ramen ◆ ラーメン(1杯:約1300円)
ニューヨークのみならず全米そして世界でも愛される日本食のラーメンが堂々の1位。前回のJapanFesに参加してくれた店舗は新作の味で出店。味もさることながら見た目も重要なニューヨーカー。インパクトのある豚骨を飾った結果、NYに大好評。屋台としては高額にもかかわらず即完売する程の人気だった。

他にも、抹茶味もちクッキーが開始4時間で1300個完売、焼き鳥1200本完売、ゆずジュース1400本完売。唐揚げ、チーズトンカツ、抹茶味フライドアイスクリームなど様々な商品が完売していた。

来場者は20代30代を中心に子供からお年寄りまで様々な年代の方が、日本食や日本文化を求めて来場。家族連れの姿もよく見かけ、夏のイベントでは浴衣や甚平を着てヨーヨーすくいなど日本のお祭りの風物詩を楽しんでいる姿があった。

流行に敏感なニューヨーカーは食べ物だけではなく、浴衣や手ぬぐいなども日本の文化を感じられるものも大人気。着物、浴衣、手ぬぐい、小物、雑貨、民芸品など、全てのお店が完売だった。

出典と詳細
■フードフェス「JAPANFes」https://www.japanfes.com/453317185825
■主催「Jforward Inc」:https://www.j-fo.com/

関連カテゴリー