全国の小中学生900人を対象にした「将来就きたい仕事」に関する調査

2021年3月24日 16時00分更新


Pocket

 人財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区)は、日本全国の小中学生900人を対象に、「将来就きたい仕事」に関するアンケート調査を実施した。本調査は2014年に開始し、今回で7回目の実施となる。

<調査結果のまとめ>
小中学生が選ぶ「将来就きたい仕事」の1位は、男子が「YouTuber(ユーチューバ―)などの動画投稿者」(以下「YouTuber」)、女子が「パティシエ(お菓子職人)」。
「YouTuber」は調査開始以来、初めて小中学生男子が選ぶ「将来就きたい仕事」の1位に。「パティシエ(お菓子職人)」は、2年連続で小中学生女子が選ぶ将来就きたい仕事の1位に。
「YouTuber」は、小中学生女子が選ぶ「将来就きたい仕事」でも、トップ10(8位)にランクイン。
小中学生男子が選ぶ「将来就きたい仕事」のトップ10に、「YouTuber」、「ゲームクリエイター」、「エンジニア・プログラマー」という、デジタルテクノロジーと親和性の高い職業が、2年連続で3つ同時にランクイン。
中学生男子が選ぶ「将来就きたい仕事」のトップ10に、初めて「プロゲーマー」(7位)がランクイン。

【調査結果の詳細】
(1)小中学生が選ぶ「将来就きたい仕事」

 全国の小中学生900人に対し、「あなたは、大人になったらどのような仕事をしたいですか。」と質問したところ、1位は男子が「YouTuber」(7.8%)、女子が「パティシエ(お菓子職人)」(18.4%)となった。「YouTuber」は、この調査を開始して以来、初めて小中学生男子が選ぶ「将来就きたい仕事」の1位となりました。「パティシエ(お菓子職人)」は、2年連続で小中学生女子が選ぶ「将来就きたい仕事」の1位となっている。

 今回の調査では、小中学生男子が選ぶ「将来就きたい仕事」のトップ10に、「YouTuber」(1位、7.8%)、「ゲームクリエイター」(3位、5.3%)、「エンジニア・プログラマー」(4位、5.1%)というデジタルテクノロジーと親和性の高い3つの仕事が、2年連続で同時にランクインしました。デジタル関連の仕事が、特に男子たちの間で浸透してきていることがうかがえる結果となった。

<小中学生が選ぶ「将来就きたい仕事」ランキング トップ10(男女別)>

順位 小学生男子(n=450) % 順位 小学生女子(n=450) %
1 YouTuberなどの動画投稿者 7.8% 1 パティシエ(お菓子職人) 18.4%
2 サッカー選手 6.4% 2 先生(大学・高校・中学・小学・幼稚園など) 8.4%
3 ゲームクリエイター 5.3% 3 看護師 7.1%
4 野球選手 5.1% 4 医者 5.6%
4 警察官・刑事 5.1% 5 会社員(サラリーマン・OL) 3.6%
4 エンジニア・プログラマー 5.1% 6 服飾デザイナー 2.2%
7 運転手(バス・タクシー・電車など) 4.9% 6 漫画家 2.2%
8 公務員 4.4% 8 ピアノやお稽古ごとの先生 1.8%
9 学者・研究者 4.2% 8 YouTuberなどの動画投稿者 1.8%
10 医者 4.0% 10 学者・研究者 1.6%
10 公務員 1.6%

<小学生が選ぶ「将来就きたい仕事」ランキング トップ10(男女別)>

順位 小学生男子(n=300) % 順位 小学生女子(n=300) %
1 YouTuberなどの動画投稿者 8.7% 1 パティシエ(お菓子職人) 22.0%
2 サッカー選手 7.3% 2 先生(大学・高校・中学・小学・幼稚園など) 10.0%
3 警察官・刑事 6.7% 3 医者 7.3%
3 運転手(バス・タクシー・電車など) 6.7% 4 看護師 6.7%
5 野球選手 6.0% 5 YouTuberなどの動画投稿者 2.7%
6 エンジニア・プログラマー 4.7% 5 漫画家 2.7%
6 ゲームクリエイター 4.7% 7 ピアノやお稽古ごとの先生 2.0%
8 学者・研究者 4.0% 8 学者・研究者 1.7%
9 医者 3.3% 8 服飾デザイナー 1.7%
9 公務員 3.3% 8 歌手 1.7%
8 会社員(サラリーマン・OL) 1.7%

<中学生が選ぶ「将来就きたい仕事」ランキング トップ10(男女別)>

順位 中学生男子(n=150) % 順位 中学生女子(n=150) %
1 会社員(サラリーマン・OL) 17.3% 1 パティシエ(お菓子職人) 18.7%
1 公務員 17.3% 2 会社員(サラリーマン・OL) 15.3%
3 ゲームクリエイター 15.3% 3 公務員 12.0%
4 エンジニア・プログラマー 15.3% 4 看護師 10.0%
5 学者・研究者 10.0% 5 先生(大学・高校・中学・小学・幼稚園など) 9.3%
6 YouTuberなどの動画投稿者 9.3% 6 医者 4.7%
7 プロゲーマー 8.7% 6 服飾デザイナー 4.7%
8 医者 8.0% 8 キャビンアテンダント(CA) 4.0%
9 サッカー選手 7.3% 8 歌手 4.0%
9 経営者 7.3% 8 専業主婦/主夫 4.0%

(2)小中学生が「好きな教科・嫌いな教科」
 日本全国の小中学生900人に対し、「あなたがもっとも好きな教科を教えてください。」と質問したところ、1位は「算数・数学」(19.1%)でした。2位は「図画工作・美術」(14.1%)、3位は「体育・保健体育」(13.2%)だった。

一方、「算数・数学」は「嫌いな教科」として挙げた子どもも多く、「嫌いな教科」でも1位(23.9%)となった。嫌いな教科の2位は「国語」(13.7%)、3位は「外国語」(7.7%)だった。

<小中学生の「好きな教科」・「嫌いな教科」ランキング トップ5>

順位 好きな教科(n=900) % 順位 嫌いな教科(n=900) %
1 算数・数学 19.1% 1 算数・数学 23.9%
2 図画工作・美術 14.1% 2 国語 13.7%
3 体育・保健体育 13.2% 3 外国語 7.7%
4 国語 13.0% 4 社会 7.2%
5 社会 9.6% 5 体育・保健体育 6.8%

【調査概要】
調査対象:日本全国の⼩中学⽣歳の男⼥900人(各学年男女50人ずつ、合計900人にアンケート)
調査方法:インターネット調査
実施時期:2020年12月16日~25日

関連カテゴリー