電力自由化導入に半数近くが「ひとまず静観」?!「電力自由化」に関する意識調査

2016年3月9日 12時04分更新


Pocket

 人材サービスの株式会社VSNは、関東在住・男女20~50代のビジネスパーソンを対象に、「電力自由化に関する意識調査」を実施した。
 調査手法はインターネットリサーチ。計1,105名から回答を得た。
 

TOPICS
・電力購入会社の変更を具体的に検討しているのは20%程度
・最も変更の検討者が多い電力購入会社は東京ガス
・電力購入会社を”変更しない理由”しばらく様子を見たい
・電力自由化導入により期待するサービスは料金の割引
・今後に期待しているクリーンエネルギー「太陽光発電」「地熱発電」
 

■調査結果

電力購入会社の変更を具体的に検討しているのは全体の約20%。
最も検討者が多い電力購入会社は「東京ガス社」

 
 2016年4月より電力小売業への参入自由化にあたり、消費者に“電力購入会社の変更を具体的に検討しているか”を聞いたところ、「はい」と答えたのは全体の僅か20%程度であった。(図1)
 変更を検討している方々が選ぶ電力購入会社は「東京ガス」がトップの結果に。(図2)
1電力自由化
 
 

電力購入会社を“変更しない理由”「しばらくは様子を見たい」「変更の手続きが面倒そう」が上位に。
 自由化以降、“電力購入会社を変更しない”と回答したモニターの中からその理由を聞いたところ、「しばらくは様子を見たい」がトップ。次いで「変更の手続きが面倒そう」という結果に。(図3)
 年代が高いほど、その傾向が大きくなっている結果となっている。
2電力自由化
 
 

自由化導入にあたって期待しているサービス、「料金の割引」。次いで「ポイント還元」という結果に。
 電力自由化の導入により“最も期待するサービス”は何かを聞いたところ、「乗り換えによる割引強化」「長期利用による割引強化」と割引に期待が高いことが分かる結果に。(図4)
 次いで「ポイント還元強化」「太陽光発電の電力買取金額アップ」と続いている。
3電力自由化
 
 

今後に期待している“クリーンエネルギー”は「太陽光発電」「地熱発電」「風力発電」の順に。
 今後、期待している“クリーンエネルギー”を聞いたところ、半数以上が「太陽光発電」に期待を寄せていることが分かる結果になった。(図5)
 続いて「地熱発電」「風力発電」「水力発電」という結果に。
4電力自由化
 
 
 
 電力自由化に伴い、これに便乗した悪質な詐欺やデマ情報なども出回っているようである。各社サービスも乱立しており、利用者側は自身に合った正確な情報を入手する必要がありそうだ。こういった動きがあるために、利用者側も電力自由化サービスに期待は持ちつつも、ひとまず様子を見て決めていきたいという思いが、この調査結果に表れているのではないだろうか。
 
 
 

■調査概要
・調査方法:インターネット調査
・調査地域:関東地方1都6県
・調査対象:20~50代のビジネスパーソン、男女 合計1,105名
・有効回答数:合計1,105サンプル(男性553サンプル・女性552サンプル)
・調査日時:2016年3月2日(水)~3月4日(金)
 
 

関連カテゴリー