学生が選ぶSDGs人気企業ランキング-VISITS

2022年4月4日 10時20分更新


Pocket

 VISITS Technologies株式会社は、大学生1-3年生および、修士1年生を対象に「サステナブルな社会の実現に向けてSDGsに取り組む企業に関する学生意識調査」を行い、総合ランキング(文系・理系)、SDGsゴール別ランキングを発表した。

総合ランキングトップはトヨタ自動車、2位はパナソニック、3位は凸版印刷が並んだ。一般消費者向けサービス企業だけではなく、法人向け企業もランクインしていることから採用シーンを含め企業ブランディングとしてSDGsに注力しているイメージが浸透していることが伺える。

文系学生のみのランキングでは、トップはトヨタ自動車、2位はパナソニック、3位はファーストリテイリングが入った。理系学生のみのランキングでは、トップはトヨタ自動車、2位に積水化学工業、3位にAGCが入った。

■SDGs17ゴール別ランキングやのそのほかの詳細は、WEBサイト(SDGs ランキングhttps://vis-its.com/ranking.html)にて紹介している。

■調査概要
調査対象:全国大学1-3年生、大学院1年生(調査開始時点)
調査期間:2021年7月1日(木)~2021年12月28日(火)
調査方法:
・「デザイン思考フェス2021」Webアンケートによる回収
・投票者1名につき企業5社(※)の社名を自由記述し、得票数をもとにランキング集計
・選社理由は1社につき1項目(該当するSDGsゴール)を選択回答
(※)SDGsへの積極的な貢献と持続可能な成長を続けるイメージがあり、自身が働きたいと思える企業を第1志望〜第5志望まで回答
有効回答数:2,367名
・VISITS Technologies株式会社調べ

関連カテゴリー