駅におけるベビーカー・車椅子の利用状況に関するランキング

2021年6月28日 10時55分更新


Pocket


 株式会社Lightblue Technologyは、駅でベビーカー、車椅子を利用したことのある人を対象に『駅におけるベビーカー・車椅子の利用状況に関するアンケート調査』を実施し結果をまとめた。

最近では、車椅子生活をしている方が駅で合理的な配慮を受けられなかったと主張した記事が話題になる等、社会におけるバリアフリーのあり方は注目度を増してきている。駅においてもバリアフリー化が進んできたように見られるが、実際のところ利用者はどのように感じているのだろうか。

調査概要
調査期間 :2021年6月4日
調査方法 :webアンケート
調査参加者:合計 200人(男性58人 女性142人)
ベビーカー利用経験者172人 車椅子利用経験者21人 ベビーカー・車椅子利用経験者7人
※元記事:https://www.lightblue-tech.com/2021/06/25/20210625/

目次
1. ほんとうに便利なのは東京駅?新宿は不便?
2. 7割も!最寄り駅はベビーカー・車椅子利用には不便なのが普通!?
3. エレベーターが無い・見つからない?ベビーカー・車椅子利用で大変な思いをした時、駅員さんに助けてもらってる?
4. 郊外の方が、ベビーカー・車椅子利用に不便な駅が多い?
※一部抜粋

1. ほんとうに便利なのは東京駅?新宿は不便?
●ベビーカー・車椅子を駅で利用するときに便利だと感じた駅ランキング
男性 女性
1 東京駅(8票) 東京駅(12票)
2 横浜駅(3票) 大宮駅(5票)
3 品川駅、立川駅、新宿駅(2票) 新宿駅、横浜駅(2票)
こちらは、男性女性関係なしに東京駅がトップとなりった。東京駅は、東京オリンピック・パラリンピックに見据えて、段差や隙間などが整備された駅であり、その点が評価されたのかもしれない。

●ベビーカー・車椅子を駅で利用するときに不便だと感じた駅ランキング
男性 女性
1 品川駅(5票) 新宿駅(16票)
2 渋谷駅、新宿駅、池袋駅(2票) 東京駅(10票)
3 その他同率 渋谷駅(6票)
ベビーカー・車椅子を駅で利用するときに「便利だ」と感じた駅ランキングで男女ともに1位である東京駅は、「不便だ」と感じた駅ランキングの女性部門で2位となっている。駅の中でも便利だと感じる部分と不便だと感じる部分が入り混ざっている結果であると考えられる。

2. 7割も!最寄り駅はベビーカー・車椅子利用には不便なのが普通!?
ベビーカー・車椅子を駅で利用するときに、約3割の人が最寄り駅を便利だと感じ、約7割の人が不便だと感じていた。

●最寄り駅として便利と思われている駅のランキング
最寄り駅として便利と思われている駅のランキング
1 新宿駅(4票)
2 川崎駅、東京駅(3票)
3 新浦安駅、大宮駅、国分寺駅、
横浜駅、川崎駅、下北沢駅(2票)


最寄り駅として不便と思われている駅のランキング
1 柏駅(5票)
2 あざみ野駅(3票)
3 新橋駅、瀬谷駅、藤沢駅、戸塚駅、立川駅、
溝口駅、北本駅、大宮駅、新宿駅、渋谷駅(2票)
興味深いのは、新宿駅が「最寄り駅として便利な駅」と思われる一方で、「最寄り駅として不便な駅」とも思われているということだ。

新宿駅のように敷地の大きな駅や路線の多い駅ほど、エレベーターや広めの改札口が整備されている印象はありますが、最寄り改札口から電車乗車口までの距離が長いなどの不便さは付き物であることから、このような結果になったのかもしれない。

3. エレベーターが無い・見つからない?ベビーカー・車椅子利用で大変な思いをした時、駅員さんに助けてもらってる?

・駅でベビーカー・車椅子を利用していて大変な思いをしたことがありますか?
ある 91.5% ない 8.5%
・駅でベビーカー・車椅子を利用していて困ったこと・大変だったこと


案内が見当たらない・エレベーターの場所がわからないということから、車椅子やベビーカー利用者にとって不便に感じる点が多いようです。また、どこにフリースペース車両(座席を設置していないスペースを設けている車両)があるかわからない・駅係員がいないという点からも、車椅子やベビーカー利用者にとってあまり優しくない駅環境となっているようだ。

4. 郊外の方が、ベビーカー・車椅子利用に不便な駅が多い?


今度は切り口を変えて、最寄り駅がベビーカー・車椅子利用で便利かどうかを、エリア別に見てみました。都心や都心近郊の駅周辺に住んでいるベビーカー・車椅子利用経験のある方は、3〜4割の人が満足しているように見えますが、郊外に住んでいる人は、最寄り駅への満足度がすこし低いようだ。

Lightblue Technologyは、工場・建設現場だけでなく、公共施設内の困っている人を発見しスタッフに伝える画像解析AI事業を行っている。エレベーター新設のような設備投資より低コストで実現できるため、多くの公共施設に導入して欲しいとした。

関連カテゴリー