ハーゲンダッツアイスクリーム人気第1位はミニカップ『苺とブラウニーのパフェ』―ハーゲンダッツ調べ

2020年1月23日 10時02分更新


Pocket

 ハーゲンダッツ ジャパン株式会社は、全国10代~60代のハーゲンダッツファンの男女300名を対象に「2019年下半期発売 ハーゲンダッツアイスクリーム」に関する調査を実施し、結果を発表した。

 全国10代~60代の月1回以上ハーゲンダッツを食べる“ハーゲンダッツファン”の方を対象に「あなたが食べたことがある『2019年下半期に発売されたハーゲンダッツ新商品』のうち、”また食べたい”と思うフレーバー」について聞いたところ、ミニカップ『苺とブラウニーのパフェ』が全体の15.7%の得票率で第1位に輝いた。次いで、クリスピーサンド『フォンダンショコラ』が14.8%で第2位、35周年記念商品『翠~濃茶~』が10.5%で第3位に続く結果となった。

同ランキングを男女別で見ると、男性はクリスピーサンド『フォンダンショコラ』(21.6%)、ミニカップ『苺とブラウニーのパフェ』(20.7%)の2商品に人気が集まり、チョコレートを使用したフレーバーが人気であることが分かった。一方、女性は35周年記念商品『翠~濃茶~』(13.6%)が人気を集め、女性は抹茶フレーバーに惹かれるという傾向があった。

◆第1位 ミニカップ『苺とブラウニーのパフェ』


濃厚なバニラカスタードアイスクリームに、ごろっとしたチョコレートブラウニーを混ぜ合わせ、天面には甘酸っぱいストロベリーソースがたっぷり使用。3種の味わいと異なる食感が織り成すパフェのような複合的な味わいが人気。

◆第2位 クリスピーサンド『フォンダンショコラ』


ビターで濃厚な味わいのチョコレートアイスクリームの中心部にとろりとしたチョコレートソースを加え、パリパリ食感のチョコレートコーティングで包み込み、ほろ苦いウエハースでサンド。チョコレートの魅力が詰まった“フォンダンショコラ”を、高級感あるギフトボックスをイメージした華やかなパッケージ。

◆第3位 35周年記念商品『翠~濃茶~』

日本でのハーゲンダッツ販売開始35周年を記念し、品質の高い茶葉と濃厚な味わいのミルクが混ざり合う”特別なアイスクリーム”。茶道において格の高いおもてなしとされる「濃茶」の味わいを楽しめるよう、この商品のためだけに特別な茶葉を栽培し、手摘みの初摘み茶葉のみを惜しみなく使用している。

同じく“ハーゲンダッツファン”300名を対象に「ハーゲンダッツを家の冷凍庫に常備しているか」を聞いたところ、55.0%と半数以上が「常備している」と回答した。
常備している個数は、「3個」(15.3%)が最も多く、次いで「2個」(12.3%)、「1個」(8.7%)の結果となった。中には、「11個以上」(2.0%)との回答もあり、3人に1人は3個以上常備していることも分かった。

<調査概要>
調査方法:インターネット調査
地域  :全国
調査対象:月に1回以上ハーゲンダッツを食べる10代~60代の男女各150名、合計300名
調査時期:2019年12月~2020年1月

関連カテゴリー