コロナ禍の鍋の形式ランキング

2022年10月26日 14時12分更新


Pocket

株式会社リクルートが発行する街のおトク情報満載のクーポンマガジン『HOT PEPPER』は全国の20代・30代の男女1,044人を対象に鍋に関するアンケートを実施したため、2022年11月号(2022年10月28日(金)発行)にて、結果を報告する。

■コロナ禍で鍋をするときのシーンで「あり」「なし」行為をランキング
 「一人鍋」がすっかり定着。一方嫌いな行為の1位は?

『HOT PEPPER』が実施した、鍋に関するアンケートで「鍋をするときの行為として“あり”か“なし”か」を聞いたところ、「あり」な行為1位は「一人鍋」で約9割の人が支持する結果に。5位にも「複数人と食べる場合でも一人鍋にする」がランクインし、「一人鍋」が定着したことがうかがえる。一方、最も「なし」が多かったのは「一回とった具や汁を鍋に戻す」で、2位「逆さ箸」、5位「直箸」と、衛生面などの感染対策も考慮しつつ、食事のマナーに関係するものがランクインした。

■コロナ禍で鍋をするときの「あり」「なし」行為
※下記の行為がそれぞれ自分にとって「あり」か「なし」か質問し、「あり」または「なし」と答えた票数
※「一人鍋」とは、自炊・外食にかかわらず、1人1つの鍋で鍋料理を食べることを指します。複数人で食べる場合でも1人1つの鍋で食べることも含む
(共にn=1,044、各項目単一回答)

■「ホットペッパーグルメ外食総研」研究員が解説

 感染対策や潜在的なニーズをかなえる「一人鍋」がすっかり定着!
鍋はみんなでワイワイ囲みながら楽しむ食コンテンツの1つだが、コロナ禍もあり1つの鍋をつつくという一般的な鍋スタイルにはさまざまな意見がでている。そこで、今回コロナ禍で鍋を食べるときの「あり」「なし」行為について調査を実施した。「なし」な行為では、「一回とった具や汁を鍋に戻す」「逆さ箸」といった衛生的な観点と、「肉しか入れない」「野菜・豆腐しか入れない」といった嗜好の観点がランクイン。一方「あり」な行為は「一人鍋」「においの強い具材をたくさん入れる」といった、みんなでワイワイ食べる従来の鍋の楽しみ方とは逆に、「ひとり」で好きな味の鍋を食べたいというニーズが高いことがわかった。

「一人鍋」はコロナ禍における感染対策だけではなく、潜在的なニーズを満たす鍋トレンドとして今後もさらに進化し、注目を集めそうだ。

「ホットペッパーグルメ外食総研」上席研究員
有木 真理

■「みんなの食べたい鍋ランキング2022」結果

 今回で第11回目となる「みんなの食べたい鍋ランキング」は「すき焼き」が11年連続不動の首位を獲得。「お肉と野菜がおいしい」「贅沢している気分になる」「一番白米に合う鍋だと思う」というコメントが寄せられた。次いで「キムチ鍋」も「辛い刺激がおいしい」「辛くてご飯が進む」のコメントで「辛いもの好き」の支持を集め、昨年に続き安定の2位となった。
 昨年12位だった「ちゃんこ鍋」は2ランク上昇で10位にランクアップ。「野菜・肉・魚介をバランスよくとれるから」「具材の味を楽しめる」「出汁が好き」などのコメントが寄せられた。

■「みんなの食べたい鍋ランキング2022」TOP10
(n=1,044、単一回答)

※「食べたい鍋はない」は順位から除く

■「みんなの食べたい鍋ランキング2022」は『HOT PEPPER』11月号(10月28(金)発行)で!

『HOT PEPPER』は、飲食店や美容院、リラクゼーション&ビューティースポットなど街のおトクな情報満載のクーポンマガジン(全国46エリアで毎月最終金曜日に発行)。
※東京23区エリアでは、ヘアサロンやリラクゼーション・ネイル・エステティックの情報に特化した『HOT PEPPER Beauty』を発行。11月号では「みんなの食べたい鍋ランキング2022」のほか、「美味しくて楽しい!焼き鳥雑学」「Q&Aで導く、ツヤ髪の作り方」など、さまざまな記事を掲載。
https://magazine.hotpepper.jp/

【アンケート概要】
■出典:『HOT PEPPER』調べ ■調査時期:2022年8月26日(金)~8月27日(土) ■調査方法:インターネットによるアンケート調査
■調査対象:全国の20・30代男女(株式会社マクロミルの登録モニター) ■有効回答数:1,044人(男性:522人、女性:522人)

▼リクルートについて
https://www.recruit.co.jp/

▼本件に関するお問い合わせ先
https://www.recruit.co.jp/support/form/

関連カテゴリー