若年層の流行に関する定点調査(2022年上期)

2022年7月20日 10時00分更新


Pocket

 LINE株式会社が運営する「LINEリサーチ」は、2022年上期における若年層の流行に関する調査を実施した。(*2022年6月時点)

■調査サマリー
・「SPY×FAMILY」が急上昇で6月期の1位!上半期では「TikTok」が継続して上位に
・マンガ・アニメでは「五等分の花嫁」「ONE PIECE」、VTuberでは「壱百満天原サロメ」が急上昇、お笑いでは「なかやまきんに君」が11位にランクイン
・男女ともにすべての年齢層で「SPY×FAMILY」が1位にランクイン
・2022年下半期の流行予測では、ゲーム「Splatoon3」、アニメ「SPY×FAMILY」、アニメ映画「ONE PIECE FILM RED」が全体1位

■「SPY×FAMILY」が急上昇で6月期の1位!上半期では「TikTok」が継続して上位に

・2022年上半期は、3月期と6月期で上位10位が大きく入れ替わる結果となった。中でも、2022年6月期の最新調査では「SPY×FAMILY」が急上昇で1位にランクイン。SNS関連では、「TikTok」が前回調査に続き上位3位以内にランクインし、「YouTube」「Instagram」も上位10位以内にランクインした。
・ゲームタイトルでは常に上位の「Apex Legends」は前回からさらに順位を上げる結果となった。「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク」は前回の11位から4位に上昇した。
・前回調査でもっとも関心が高かった「ロシアのウクライナ侵攻」は、割合は大幅に減少したものの依然として50位以内に入る結果となった。

■マンガ・アニメ「五等分の花嫁」「ONE PIECE」、VTuber「壱百満天原サロメ」が急上昇、お笑いでは「なかやまきんに君」が11位にランクイン

・6月期の総合11位以降のランキングでは「なかやまきんに君」が11位にランクインし、前回51位から大幅に上昇する結果となった。12位には「五等分の花嫁」、20位には「スターバックスコーヒー※」、24位には「日本プロ野球」がランクインした。
・「ONE PIECE」は前回133位から26位、さらに28位には「壱百満天原サロメ (にじさんじVTuber)」が急上昇する結果となった。
※「スターバックスコーヒー」:「メロンフラペチーノ」「スタバ」などの回答を含む

■男女ともにすべての年齢層で「SPY×FAMILY」が1位にランクイン

・男女年齢別の傾向をみてみると、男女ともにすべての年齢層で「SPY×FAMILY」が1位にランクインした。特に女性の割合が高い傾向だが、年齢層では大きな差はみられなかった。
・女性では、全体2位だった「TikTok」が上位となり、女性15~18歳、19歳~22歳では2位となった。また、女性のすべての年齢層で「なにわ男子」「BTS」「Snow Man」がランクインする結果となった。
・女性15~18歳と19~22歳では「にじさんじ」が9位と10位にランクイン。女性23~24歳では「ちいかわ(ちいかわ なんか小さくてかわいいやつ)」が8位にランクインした。
・男性では、全体3位だったバトルゲームの「Apex Legends」が、男性のすべての年齢層で上位3以内にランクインした。また、男性15~18歳、19~18歳で「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク」が上位10位以内にランクインし、特に男性15~18歳では3位となった。女性の若い年齢層でも男性同様に上位にランクインした。
・男性15~18歳では、他にも「原神」や「モンスターストライク」のゲームタイトルが並び話題になっている様子がうかがえる。男性15~18歳と19~22歳では、全体12位だった「五等分の花嫁」が5位と7位にランクイン。男性23~24歳では、マンガやゲーム以外にも「株/投資」や「野球」がランクインする結果となった。

■2022年下半期の流行予測では、ゲーム「Splatoon3」、アニメ「SPY×FAMILY」、アニメ映画「ONE PIECE FILM RED」が全体1位

・2022年下半期に人気が出ると思うものについて※、『ゲーム編』では「Splatoon3」が全体1位となった。
・2位は「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」、3位は「Apex Legends」がランクインした。
・男女の傾向として、男性はほとんどのゲームにおいて女性よりも割合が高い傾向となった。 女性の割合がやや高かったのは「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク」で、女性では2位となった。
※指定された項目の中から選択式で回答

・『アニメ編』では「SPY×FAMILY」が1位となった。特に女性は6割弱で男性に比べて割合が高くなった。
・2位は「呪術廻戦」、 3位には「僕のヒーローアカデミア」がランクインした。

・『アニメ映画編』では「ONE PIECE FILM RED」が1位にランクインする結果となった。
・2位は「からかい上手の高木さん」、3位は「転生したらスライムだった件」がランクインした。『アニメ映画編』のランキングは男女ともに上位3位が同じ作品という結果となった。

LINE リサーチによる調査

関連カテゴリー