鉄道業界として初、鉄道車両に4Gデータ通信機能を備えたLED蛍光灯一体型の防犯カメラを搭載―ソフトバンク

2019年5月31日 10時53分更新


Pocket

 東京急行電鉄株式会社とソフトバンク株式会社は、車両内のセキュリティ向上を目的として、4Gデータ通信機能を備えたLED蛍光灯一体型の防犯カメラ「IoTube(アイ・オー・チューブ)」を東急電鉄大井町線の車両に試験導入する。

 IoTubeは、Wi-Fiや4Gのデータ通信によってカメラ映像を送信することができ、遠隔で記録映像を確認できるLED蛍光灯一体型の防犯カメラ。鉄道車両に4Gデータ通信機能を備えたLED蛍光灯一体型の防犯カメラを搭載する試みは、鉄道業界初となる。IoTubeは、特許技術を活用して株式会社MOYAIが開発した製品で、今回の試験導入では、試作機を用いてIoTube本体の強度や画像の撮影角度、電波状況を確認し、東急線各車両への導入に向けた仕様の検討を行う。
 これまで、車内に設置されたカメラの記録映像を確認するには、車内のカメラから記録媒体を抜き取って事務所などに持ち帰り、専用パソコンで行う必要があった。IoTubeを活用することで、事務所などの遠隔地から記録映像を確認することが可能になるため、車両内トラブルの発生時における対応の迅速化などを目指す。

 東急電鉄は、中期3か年経営計画「Make the Sustainable Growth」において、鉄道事業の強靭化を目指しており、AI(人工知能)やIoTなどの先端技術を活用した実証実験の実施や実用化を通して、持続可能な、事故の未然防止や早期復旧などに取り組んでいる。ソフトバンクは、「Beyond Carrier」という事業戦略の下、通信事業者の枠を超えて、AIやIoTをはじめとする先端技術を活用して世の中を変えていくサービスを提供し、情報革命を通して人類と社会への貢献を推進している。

・IoTube製品イメージ
IoTube製品イメージ

1. 試験導入期間
 2019年5月31日~6月30日

2. 対象車両
 大井町線 6121編成2号車、9001編成2号車(各車両に4個搭載)

3. 各社の役割および協力会社
 東京急行電鉄株式会社:IoTube試験導入主体、IoTubeの開発協力
 ソフトバンク株式会社:IoTubeの販売、通信サービスパートナー
 株式会社MOYAI:IoTube開発、製造、発売

4. 試験導入の目的
 東急線各車両へのIoTube導入に向けた、IoTube本体の強度や記録映像の撮影角度、電波状況の確認および検討。

5. プライバシーの保護について
 防犯カメラを設置している車両であることを、ステッカーを車内に掲出して利用者に周知。防犯カメラの映像は、IoTube本体に搭載するmicro SDに一時的に保存され、約3日間で上書き・更新する。記録映像に関しては閲覧できる社員を限定するなど、関係法令や社内規定に則り厳重に管理する。

6. IoTube車両搭載位置および利用イメージ
・電車内
電車内

7. 記録映像の確認方法の違い
・【従来】
従来

・【本製品導入後】
導入後

関連カテゴリー