モバイルニュースアプリの利用者満足度、ポータル系アプリはスマートニュース、新聞系は日経電子版が1位を獲得―ICT総研調べ

2018年5月9日 18時31分更新





Pocket

 株式会社ICT総研は5月9日、「2018年 モバイルニュースアプリ市場動向調査」の調査結果をまとめた。同調査は、ニュースサイト運営会社・関連企業への取材結果に加え、インターネットユーザー4,036人へのWebアンケート調査、各種公開資料などをまとめて分析したものとなっている。
 
 

ニュースアプリの利用者は2017年度末に4,683万人、2020年度末には5,630万人へ

 スマートフォン、タブレット端末などの普及に伴い、モバイルニュースアプリの利用者が急拡大している。新聞・雑誌などの紙媒体から、パソコン上でのニュースサイト閲覧へと利用者が移行し、現在ではモバイル端末上でのニュースコンテンツ利用が主流となってきた。
 
表1.モバイルニュースアプリ・モバイルWebニュース利用者数
 
 日本国内におけるモバイルニュースアプリの利用者数(アクティブユーザー数)は2014年度末に2,264万人だったが、2015年度末には3,378万人、2016年度末に4,093万人と増加が続いており、2017年度末(2018年3月末)には4,683万人に拡大。今後は伸び率こそ落ち着くものの順調に増加を続け、2018年度末 5,156万人、2019年度末 5,431万人、そして2020年度末には 5,630万人がモバイルニュースアプリを中心としてニュースコンテンツを利用するものとICT総研は予測している。
 従前は、モバイル端末上でニュースを見るユーザーの多くは、ニュースアプリではなくインターネットブラウザ上のニュースサイトを利用するケースが圧倒的であった。今後もブラウザ上のニュースサイトでニュースを閲覧するユーザーは3,000万人以上の規模で安定して推移すると見込まれるが、ニュースアプリの利用者数は増加を続け、これを上回る利用者規模で成長を続けている。
 
 

ニュースアプリ利用率1位はYahoo!で27.7%、LINE NEWSが24.6%で2位

 ICT総研では2018年4月27~5月2日にモバイルニュースアプリの利用実態について、インターネットユーザー 4,036人にWebアンケート調査を実施した結果、「1年以内にニュースアプリを利用したことがある」とした回答者は58.7%を占め、前回調査時(2017年3月)の52.4%から6.3ポイント増加した。
 また1年以内に利用したことがあると回答した人の中で「1ヶ月以内に利用した」という回答者は9割近くに達しており、多くの利用者が頻繁にモバイルニュースアプリを利用するアクティブユーザーであると思われる。
 アンケート回答者の中で主に利用されているポータル系ニュースアプリは、Yahoo!ニュース(アプリ版)が27.7%でトップとなった。利用率2位はLINE NEWS(24.6%)、以下スマートニュース(18.3%)、グノシー(12.1%)、Googleニュース(11.4%)と続いた。
 
表2.モバイルニュースアプリの利用率
  
 ICT総研が前回実施した調査(参照:「2017年 モバイルニュースアプリ市場動向調査」)と比較するとほとんどのサービスの利用率が高まっており、サービスが浸透し続けていると言える。
 新聞系ニュースアプリでは、朝日新聞デジタルが最も多く、7.6%の利用率となった。次いで日経電子版が7.1%、読売プレミアムが5.6%、毎日新聞ニュース、産経電子版が4%台で続いている。
 
 

ポータル系アプリの利用者満足度1位はスマートニュース、新聞系1位は日経電子版

 モバイルニュースアプリの利用者に対して、満足度を聞いたところ、ポータル系アプリの利用者満足度1位はスマートニュースで74.0ポイントとなった。2位はYahoo!ニュースで73.0ポイント、以下LINE NEWS(72.5ポイント)、Googleニュース(72.2ポイント)、グノシー(70.2ポイント)と続いている。
 新聞系アプリ利用者の満足度評価では、日経電子版が72.4ポイントで1位となった。2位は朝日新聞デジタルで72.2ポイント、3位以下は読売プレミアム(72.0ポイント)、毎日新聞ニュース(70.4ポイント)、産経電子版(70.3ポイント)と続く。

表3.モバイルニュースアプリの満足度 
 
 

日経電子版の利用者に占める男性比率は82.7%、LINE NEWSは48.3%が女性利用者

 モバイルニュースアプリの多くはターゲット層が異なるため、利用者の男性比率・女性比率にも違いが見られる。ニュースアプリ利用者の性別を分類したところ、男性比率が最も高かったのは日経電子版で82.7%が男性利用者であった。産経電子版の男性比率も77.1%と高く、Google ニュースの男性比率も74.7%であった。
 逆に女性比率が最も高かったのはLINE NEWSで48.3%、次いでグノシー34.3%、毎日新聞ニュース33.3%となっている。女性比率の高いLINE NEWSはこの数年間で利用者数を大きく伸ばしており、女性利用者の獲得が利用者増大のためには不可欠と言えそうだ。
 また、LINE NEWSや、グノシー、スマートニュースは20代〜30代の利用者が多いのに対して、Yahoo!ニュースは50代以上の利用者が多い傾向にある。
 
表4.男性比率・女性比率の高いニュースアプリTOP3
 
 新聞系アプリでは、日経電子版の利用者は50代がメインユーザーとなっているが、朝日・読売・毎日の利用者は20代が多いという特徴が見られる。この結果を受けて、ICT総研は、「これまで若年層の新聞離れが指摘されてきたが、スマートフォンなどのモバイルアプリを通じて新聞記事を読む10代・20代の利用者は意外に多く、新聞記事などのニュースコンテンツ自体は以前にも増してニーズが高まっていると言えそうだ」と分析している。
 
 
 

関連カテゴリー