大人も子供も大満足、「旅好きが選ぶ!工場見学&社会科見学ランキング2017」1位はトヨタ産業技術記念館―トリップアドバイザー

2017年7月26日 12時56分更新


Pocket

 トリップアドバイザー株式会社は、旅行サイト「トリップアドバイザー」に投稿された口コミ評価をもとに「旅好きが選ぶ!工場見学&社会科見学ランキング2017」を発表した。

 今年は、大人がつい夢中になってしまうようなウイスキー・ビール・日本酒などの製造工程が分かる蒸溜所や工場が7施設、子供にも大人気の電車・車・飛行機などの乗り物系博物館が10施設、インスタントラーメン・コーヒーなどの食べ物系施設が3施設ランクイン。マニアックな大人や、子供の付き添いで訪れた大人たちが、思わず童心に返って興奮してしまうような施設TOP20

 ランキングは、トリップアドバイザーに2016年5月~2017年4月の1年間に投稿された口コミを、5段階の平均、口コミの投稿数などをもとに、独自のアルゴリズムで集計したものである。

工場見学

 1位は「トヨタ産業技術記念館」(愛知県名古屋市)、2位は「JAL工場見学 Sky Museum」(東京都大田区)、3位は「サントリー山崎蒸溜所」(大阪府島本町)。

 1位から3位までは昨年と同じ施設が、不動の人気を誇り堂々のランクイン。

【トヨタ産業技術記念館】
工場見学トヨタ

 「トヨタ産業技術記念館」は予約なしでも、いつでも見学でき、ガイドツアー・音声ガイドなども充実。一般の入場料は大人500円/中高生300円/小学生200円

【JAL工場見学 Sky Museum】
工場見学JAL

 「JAL工場見学 Sky Museum」は事前にネット予約が必要。見学料金は無料。

【サントリー山崎蒸溜所】
工場見学サントリー

 「サントリー山崎蒸溜所」も事前にネット予約が必要だが、山崎蒸溜所見学はすでに9月まで満員御礼のコースもでている。見学料金はコースにより異なる。

 大幅にランクアップしたのは埼玉県「鉄道博物館」と兵庫県「カワサキワールド」

 「鉄道マニアの方や、電車の好きな方々なら是非一度は行ってみる価値はあります!」と口コミされている「鉄道博物館」(埼玉県さいたま市)は、昨年の10位から順位を上げ、4位にランクイン。

 国内最大級の鉄道ジオラマや本物の運転台を利用した運転シミュレータなどの体験ブースがあり、鉄道ファンの聖地のひとつとなっている。

【鉄道博物館】
工場見学鉄道

 「鉄道博物館」は予約不要で、入館料は一般1,000円/小中高生500円/3歳以上の幼児200円。

 また、「カワサキワールド」(兵庫県神戸市)が、昨年の20位から順位を大きく上げて今年は7位にランクイン。

 川崎重工グループの代表的な製品を、見て、触れて、体験しながら、「ものづくりの大切さ」を実感してもらうことをモットーにする施設では、新幹線などの鉄道車両や航空機関連の展示、Kawasakiのオートバイまでを展示。子供と一緒に大人も大興奮の口コミが多数寄せられている。

【カワサキワールド】
工場見学かわさき

 「カワサキワールド」は予約不要。カワサキワールドの入場料は、神戸海洋博物館の入館料に含まれている。入館料金は、大人600円/小人(小中学生)250円

 子供の頃に一度訪れた場所でも、大人になってまた違う見方ができる工場見学。
子供の頃以上に楽しめる場所となっているに違いない。夏休みを利用して行ってみてはどうだろうか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連カテゴリー