8月期待度No.1映画は『君の名は。』!「Filmarks」 8月公開映画 期待度ランキング発表

2016年8月8日 11時17分更新


Pocket

 株式会社つみきが運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2016年8月公開映画 期待度ランキング」を発表した。
 
 Filmarksでは8月劇場公開の映画作品を対象に、2016年8月1日時点でのFilmarksのClip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)を集計。Clip!数が多い作品を映画ファンからの期待度が高い「夏休みオススメ映画」としてランキング化した。
 
 
【映画ファン注目!8月公開映画 期待度ランキング】
1位 君の名は。
2位 ゴーストバスターズ
3位 ペット
4位 X-MEN:アポカリプス
5位 ジャングル・ブック
6位 きみがくれた物語
7位 秘密 THE TOP SECRET
8位 ハイ・ライズ
9位 神のゆらぎ
10位 ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>
 
 
君の名は
1位:『君の名は。』
新海誠監督の最新作が17,000以上のClip!数を集め堂々の1位。一足先に鑑賞したユーザーからは「ガチ泣き」「新海誠監督作品の中で最高傑作」「夏にぴったりな爽やかなエンディング」といったレビューが集まっており、早くも★4.4(★5満点)の高評価。2位以下に圧倒的な差をつけての8月期待度No.1映画となった。
  
ゴーストバスターズ
2位:『ゴーストバスターズ』
こちらも1万以上のClip!数を集める注目作。レビューの中には「プールに行くより、ゴーストバスターズを3Dで」「夏のアトラクションムービーとしては申し分なくサイコー」という声も。人気作のリメイクということもあり、期待が高まる旧作ファンを含め多くのClip!が集まっている。。
  
ミニオンズ
3位:『ペット』
「可愛くて笑えてワクワク」「大人も子供も楽しめる。夏休み映画にぴったり」など、人気作『ミニオンズ』のスタッフによるアニメーションらしく、親子での鑑賞をおすすめするレビューも目立った。

 
 
 

関連カテゴリー